読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ワイド判 散歩が楽しくなる 空の手帳: 誰かに話したくなる 身近な空&雲のなるほど雑学

ワイド判 散歩が楽しくなる 空の手帳: 誰かに話したくなる 身近な空&雲のなるほど雑学

ワイド判 散歩が楽しくなる 空の手帳: 誰かに話したくなる 身近な空&雲のなるほど雑学

作家
森田正光
出版社
東京書籍
発売日
2021-02-10
ISBN
9784487814572
amazonで購入する

ワイド判 散歩が楽しくなる 空の手帳: 誰かに話したくなる 身近な空&雲のなるほど雑学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TakaUP48

自然の変化から天気を知る「観天望気」をする漁師が、気象予報士に勝ったという”あとがき”を先に読んでしまったが…。雲、雨、風、雪、月の名前が何と多いことだろう。日本人の観察と心の細やかさを改めて知る。雲の数え方は一朶以外にも多数あり。空に浮かぶ雲とは、まさに一期一会の出逢い。何と色々な雲が、空模様があることだろうか。入道雲に坂東太郎、丹波太郎、四国三郎という人名がつく地方があり、肋骨雲や朝顔雲などという面白い名前も発見。世の中のできごとは、調べれば調べるほどディープだというのを実感!した本。

2021/04/08

感想・レビューをもっと見る