読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

イレナの子供たち (2500人のユダヤ人の子供たちを救った勇気ある女性の物語)

イレナの子供たち (2500人のユダヤ人の子供たちを救った勇気ある女性の物語)

イレナの子供たち (2500人のユダヤ人の子供たちを救った勇気ある女性の物語)

作家
ティラー・J・マッツェオ
羽田詩津子
出版社
東京創元社
発売日
2019-02-28
ISBN
9784488003906
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

女性版シンドラー、イレナ・センドレル
ナチの非道、差別の現実、そして一人の女性の勇気
その実像と活動のすべてを描いた感動のノンフィクション!


女性版オスカー・シンドラーと呼ばれる、ポーランド人女性イレナ・センドレル。第二次世界大戦中、ナチス占領下のワルシャワのゲットーから、彼女は2500人ものユダヤ人の子供たちを救い出した。あるときは木箱に入れて、あるときはトラックの積荷に隠して、あるときは下水道をつたって……。連れ出した子供たちは、仲間たちがかくまい、カトリックに改宗させて偽名を与え、ナチスの目を欺いたのだ。子供の命だけは守りたいという親たちの悲痛な願いをかなえるために、彼女たちは自らの命を賭けた。そして、いつか親子が出会えるように、子供たちが自分が誰なのかを知ることができるように、それぞれの本名と出自を記録し、そのリストを必死で守った。ゲシュタポに知られたら、命がないのは火を見るより明らかだったというのに。親衛隊員の気まぐれやお遊びで、ユダヤ人も、ポーランド人も通りすがりに殺されていく世界だった。事実、イレナもゲシュタポに連行され死刑宣告を受けるのだ。生き延びた子供たちは、彼女への感謝を決して忘れることはなかった。この勇敢な女性の活動のすべてを、そして彼女自身の人間らしい生き方のすべてを、見事に描ききった感動的なノンフィクション。

イレナの子供たち (2500人のユダヤ人の子供たちを救った勇気ある女性の物語) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaguyam

ポーランドという国への認識を覆す一冊。最初から最後まで目を閉じてはいけない。凄まじいと言っていい事実があるのだと思い知らされた。 「ポーランドの国そのものが、まさに暮石のないお墓なのよ。過去を静かに葬る以外に何ができるかしら?」

感想・レビューをもっと見る