読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時計を忘れて森へいこう (クイーンの13)

時計を忘れて森へいこう (クイーンの13)

時計を忘れて森へいこう (クイーンの13)

作家
光原百合
出版社
東京創元社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784488012205
amazonで購入する

時計を忘れて森へいこう (クイーンの13) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつひめ

もしかしたら・・・この物語は森の妖精たちの住む世界なのではないか?と思ってしまうほど、人間が足を踏み込んではならないような森をイメージさせる。森を守る人・・・きっと聞き耳頭巾を毎日被って自然の声に耳を傾けているから人の心も透けて見えてしまうのかもしれない。自然の中で生きることは死といつも隣り合っている。でも・・・その死にもきっと何かの意味や死者からのメッセージがあるはず。暗闇の中で過ごすふくろうタイム・・・何も見えないようでちゃんと自分の心が見える時間。私も体験してみたい。読後も心地よい作品だった。

2010/11/04

SIGERU

日常系ミステリの名品。北村薫の短篇集『空飛ぶ馬』と共に、折にふれて繙読してきた。読み返すたびに瑞々しい。光原百合自身も、こういう透明な作品は、その後書けていないようだ。作者にとっても一期一会の、いわゆる「幸福な」短篇集といえる。 舞台は、八ヶ岳や清里の美しい自然。主人公の若杉翠は、森林レンジャーの護さんに好意を抱いている。探偵役となる彼は、関係者に語りかけることによって、人の心の秘密を解きほぐしていく。京極夏彦の「憑き物落とし」に近い手法だが、護の語りは誠実で、人の心の奥底にまで届く錘のように重厚だ。

2021/09/14

ゴリ

ミステリー風の作品ですが、人が見えない所の謎を解くおはなしです。1話ではちょっと物足りなさを感じたのですが、読み進むうちに、主人公が森の中で過ごす時間が輝きを増すように、物語もどんどん面白みを増していきます。そしてとても静かな、癒しの物語が爽やかな森に包まれたような心地良さ。私もゲーム「トラストフォール」やりたいなあ!

2010/09/30

チガ

森の素敵な風景と、柔らかい語り口で透明感のあるお話でした。解説に癒しの文学とありますが、まさにそんな感じです。こんな雰囲気だとファンタジーでもいけるのでは?と思ってしまいます。ミステリーとして読むと、主人公の翠がちょっと鈍いのではないかと思いますが、こののんびりした雰囲気によるものなのでしょうか。

2013/07/01

星群

少し時代が古いせいか、子ども向けの話のせいか、なかなか話に入り込めなかった。けど読んでみて、この本の純粋さを感じた。

2011/11/18

感想・レビューをもっと見る