読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パリンプセスト (海外文学セレクション)

パリンプセスト (海外文学セレクション)

パリンプセスト (海外文学セレクション)

作家
キャサリン・M・ヴァレンテ
井辻朱美
出版社
東京創元社
発売日
2019-06-28
ISBN
9784488016708
amazonで購入する Kindle版を購入する

パリンプセスト (海外文学セレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヘラジカ

脳内で再現するのが困難なほどに混沌とした幻想世界が展開されるが、そのイマジネーションは時たまどことなく懐かしさを感じさせる。今朝方まで観ていた夢の続きのような、なんとなくこういう風景の中にいたことがあるのではないかという気持ちにさせられるのだ。目眩が起こりそうなほどに奇妙なパリンプセストを、もしかしたら自分も訪れたことがあるのかもしれない(地図を持った人と寝た覚えはないが)。性的でグロテスクな描写が多くても嫌悪感を感じさせないのは優れた幻想文学の証。しかし、読み進むのが恐ろしく疲れる小説だった。

2019/06/28

星落秋風五丈原

日本人が出てきます。そして結構エロいです。

2019/07/20

rinakko

すこぶる好みな作品。夢の中で訪れた街に魅入られた幾人もの男女が入り混じり、再びその道を見出すために体のどこかに地図を持つ相手を探し求める。そして、出会えたならばすぐにも体を重ね合おうとする。…という何とも異様な設定ではあるけれど、“体を重ね合おうとする”理由が彼らなりに狂おしく切実で、現実でのその行為の意味合いからは乖離していく…その感覚も面白かった。あまりにも不可解なパリンプセストの成立ちにぐらぐらと何度も眩暈しつつ、“魂が焦がれてしまう場所”に憑かれ、そのことによって結ぼれていく人たちの物語に耽溺した

2019/07/20

Susumu Kobayashi

現代の幻想小説で、ぼくにははなはだ難解だった。この本の梗概を書けと言われても自信をもっては書けない。パリンプセストとは本来は羊皮紙の写本において、書かれた文字を消して上書きしたもの。本書では夢の中の都市の名前として使用されている。登場人物は世界中に散らばる四人の男女で、なぜか夢の中では互いに意思疎通ができるらしい。夢の記述は別の字体を使用しているようだが、「虫」や「々」、「蜜」は大いに違和感を覚える。京都の伏見稲荷大社で四名が合流して物語は閉じられる。こういう作品を翻訳した訳者に敬意を払いたい。

2019/09/28

ハルマッチ・ハセ

ロマン・ギャリのように繊細で心が弱くて、結果文章が混沌としてしまったような場合は、なんというか許容範囲であるような気がする。が、この作者は①コンパスなしで樹海に入山②酔い止めなしでいろは坂を車で下山、するような「あんたうっかりじゃなくて故意だな!」という、こうーなんですか、要するに「必要があって」ならいいんだが「最初からそのつもり」という混沌さに最初からひいてる。ごめん、また風邪がぶり返した。でも熱が出ると、体は痛くないな!

2019/09/24

感想・レビューをもっと見る