読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

エクソダス症候群 (創元日本SF叢書) (創元日本SF叢書)

エクソダス症候群 (創元日本SF叢書) (創元日本SF叢書)

エクソダス症候群 (創元日本SF叢書) (創元日本SF叢書)

作家
宮内悠介
出版社
東京創元社
発売日
2015-06-28
ISBN
9784488018184
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

驚異の新鋭が放つ、初の書下し長編
舞台は火星開拓地、テーマは精神医療史。


すべての精神疾患が管理下に置かれた近未来、それでも人々は死を求めた――10棟からなるその病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命の樹”を模した配置で建てられていた。ゾネンシュタイン病院――亡くなった父親がかつて勤務した、火星で唯一の精神病院。地球の大学病院を追われ、生まれ故郷へ帰ってきた青年医師カズキは、この過酷な開拓地の、薬もベッドもスタッフも不足した病院へ着任する。そして彼の帰郷と同時に、隠されていた不穏な歯車が動きはじめた。25年前に、この場所で何があったのか――。舞台は火星開拓地、テーマは精神医療史。第1作『盤上の夜』、第二作『ヨハネスブルグの天使たち』がともに直木賞候補となり、それぞれ日本SF大賞、同特別賞を受賞した新鋭が新たな地平を拓く、初の書下し長編。

*本電子書籍は『エクソダス症候群』(創元日本SF叢書版 2015年6月30日初版発行)を底本としています。