読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デス・レター (創元日本SF叢書)

デス・レター (創元日本SF叢書)

デス・レター (創元日本SF叢書)

作家
山田正紀
出版社
東京創元社
発売日
2020-08-31
ISBN
9784488018412
amazonで購入する Kindle版を購入する

デス・レター (創元日本SF叢書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本の蟲

「急いだ、急いだ、お前の大切な人(ラブ)が死んじまうぞ」同名のジャズの歌詞が書かれたデス・レター。不思議な説得力を持つその手紙を受け取った人は、実際に大切な人(あるいはモノ)が死んでしまったという。手紙を渡してくる白いつなぎを着た少女を追って、「ぼく」は関係者にインタビューをしていくが…。人は物語にとらわれて演じてしまう。わかるわー、と頷ける1話の終盤からどんでん返しで、あとも二転三転四転五転する物語。セカチュウ。ジャズ。ヘミングウェイ。不思議の国のアリス。想像力の爆発がすさまじい良作

2020/09/19

黒猫堂▽・w・▽

ある日突然白いつなぎを着た女の子から手紙を渡されるとそこには「急がないとお前の大切な人(ラヴ)が死んじまうぞ」とだけ書かれている。「死神」の「ぼく」は不思議なデス・レターを配達する女の子を探すため受け取った人々にインタビューを試みるが… 死神の登場する不思議な物語、が最後にはSFとして決着する。リーダビリティの高さに油断していると足元をすくわれ壮大にして非情な(物語内の)現実がたち現れる。全体の印象として男って頼りないよね、という気持ちに

2020/10/27

ささらもさら

死を予告する手紙を撒く少女と、少女のあとを追う死神の物語。連作短篇の各話ともそれぞれかなり味付けは異なるが、どこか現実味のない不安定な空気感が共通している。自分は「サービスエリア」が好きです。最終話で立ち上がるイメージは壮大で美しい。アレはアレか?整合性はどうなってるのか?とかいろいろ考えると楽しい(整合していないかも)。小松左京にオマージュを捧げたと思われる部分に「古きよきSF」への憧憬と郷愁だけではなく、それを糧にして新しい時代の物語を紡ごうという気概を感じられたのがよかったです

2020/09/13

ekoeko

不特定多数の人に届けられる大切な人がもうすぐ死ぬという手紙を届ける少女を探そうとする死神?の話。ラストはナンセンス。

2020/09/12

もっち

相互に何の関連もないかのような物語が連なって、気付けば目の前に予想だにしなかった宇宙が広がり、しかもそれは必然の結末(始まり?)だったと思わされる…底が知れない、そんな魔法

2020/09/03

感想・レビューをもっと見る