読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボールパークの魔法

ボールパークの魔法

ボールパークの魔法

作家
本城雅人
出版社
東京創元社
発売日
2012-10-20
ISBN
9784488027094
amazonで購入する

ボールパークの魔法 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

連作短編集。メジャーリーグの裏方が選手の相談にのる?。アメリカならではって感じの話ですな。

2017/11/18

くりのすけ

メジャーリーグの裏側にミステリーを絡めて軽快なタッチで展開される短編集。メジャーのロッカー裏の話やクラビーの話などもよくわかり、著者の取材力の高さも随所に感じさせられる。特に題材となったメッツのクラブハウスの様子からは、野球に対する愛情を感じさせられた。金銭面だけでなく、日本人がメジャーに行く理由もよくわかる。

2015/07/03

外道皇帝

MLBメッツのアルバイトクラビー(と言われてもわからないけどどうやら雑用係らしい)として働く2人の日本人若者が、大リーガーの陥る苦境を機転で解決、といった短篇集。MLBの裏側が分かるというか、軽いミステリ。これは続編ありそう。

2013/03/10

くもりーな

ベタだけど野球好きなら楽しめる。軽くて読みやすい。★4

2013/01/25

鳥義賊

主人公を軽薄(?)にする事で、軽快で明るい短篇集に仕上げてくれています。本城作品ならではの「プロフェッショナル」の仕事っぷりには相変わらずシビレるし、かなり上質なスポーツ小説です。吉井選手に取材したメッツのクラブハウスの様子は、アメリカのベースボールへの敬意を感じました。

2013/01/27

感想・レビューをもっと見る