読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大鞠家殺人事件

大鞠家殺人事件

大鞠家殺人事件

作家
芦辺拓
出版社
東京創元社
発売日
2021-10-12
ISBN
9784488028510
amazonで購入する Kindle版を購入する

大鞠家殺人事件 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei302

最近はほとんど読む機会のない「本格推理小説」。 ついてゆけるか不安でしたが、女性の登場人物が個性的で、 波瀾の人生、凋落した名家、次々の起きる事件、目が離せません。一気読みでした。 ラストで明かされる謎解き、千太郎失踪や月子の秘密にはびっくりです。参りました。NetGalleyJP

2021/10/15

昼夜

大阪、船場の商家で起きた殺人事件は明治から昭和にかけて激動な時代とその波瀾万丈を生きた登場人物たちの生き様が複雑に絡まり織りなす本格推理小説で面白かったです。事件の謎もさることながら土台の時代と船場の文化風習の考証がしっかりしているので1ページ目から世界観に引き込まれていきました。

2021/10/17

感想・レビューをもっと見る