読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくらはアン

ぼくらはアン

ぼくらはアン

作家
伊兼源太郎
出版社
東京創元社
発売日
2021-10-29
ISBN
9784488028534
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼくらはアン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

無戸籍の兄妹、ヤクザの親分の息子、不法滞在者の姉弟。学校に通えない5人の子供たちを繋いだのは近所に住む優しくて強いじいちゃん。その人の謎に包まれた過去にビックリの隠退蔵物資に毒ガス。これは社会派冒険ミステリーとでも言おうか。人も死ぬし、社会の暗部を抉り暗くて重いのか?と思いつつ読み始めると、どっこい明るく楽しくさえもある。不穏な空気を孕んでいるし、遣る瀬無さも無力感も抱えるけれど、彼らの友情に絆に頑張れって拳に力が入るのだ。『あるけど、ない。ないけど、ある』読後はこのタイトルが沁みて・・

2021/11/16

パトラッシュ

日本の社会システムからはじき出された少年少女が懸命に生きる前半は成長物語的に進むが、面倒を見てくれていた謎の老人が不審死してからは不穏な空気が漂い始める。居場所を見つけようと苦闘する最中に失踪した仲間を捜索を通じ、抱えていた重い過去の扉が開いていく過程が読ませる。ただ監察官シリーズでも見受けられたが、自分はエリートだからゴミのような一般人は従うべきと信じたり、金のためなら我が子すら殺そうとする悪役の設定は不快になる。しかもその考えを自慢げに語るのだから魅力ゼロだ。レクター博士的な偉大な悪が出てほしかった。

2021/11/22

ゆみねこ

無戸籍の諒佑と美子の双子の兄妹、ヤクザの親分の息子・誠、不法滞在者の子供マヨンチットとククリン姉弟。複雑な事情で学校に通えない5人の子供たち。彼らを見守り指導したじいちゃんの存在。山里で楽しく豊かに暮らしていた少年時代、成人して弁護士事務所で働く諒佑のもとに誠の捜索依頼が。誠の失踪の謎が隠されていた大きな秘密を明らかにする。読了後タイトルの意味が心に突き刺さります。伊兼さん、凄い作品を書いて下さりありがとうございます!お薦め!

2021/11/20

ゆのん

無戸籍、不法滞在、ヤクザの子供。これだけだと暗く、悲しく、辛い物語の様に感じる。実際これらの問題を抱えて生きていくのは並大抵ではないだろう。この物語ではそんな困難な状況下にある子供達の物語。明るく、楽しく、ユーモアと愛情、信頼の物語でもある。それでも時折出てくる『あるけどない。ないけどある。』の言葉にスッと背筋が伸びる。物語の中の子供時代の話はとても楽しい日々の様に感じる一方で子供が受けるべき当たり前の権利が欠けている事実も突きつけられ悲しい気持ちを拭い切れない。彼らが幸せになるにはと考えさせられる。

2021/11/27

kei302

「あるのに ない、ないのに ある」存在の子どもたち。無戸籍。このテーマ、最近多い。 そこに、隠退蔵物資(宝石)M資金に太平洋戦争の毒ガス兵器、陸軍中野学校を絡めて…。いわゆるオトコノロマン的なものでした。NetGalleyJP

2021/10/29

感想・レビューをもっと見る