読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランボオ詩集 (創元ライブラリ)

ランボオ詩集 (創元ライブラリ)

ランボオ詩集 (創元ライブラリ)

作家
アルチュウル・ランボオ
Arthur Rimbaud
小林秀雄
出版社
東京創元社
発売日
1998-05-24
ISBN
9784488070236
amazonで購入する

ランボオ詩集 (創元ライブラリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぞしま

頁は繰り終えただけ、読了出来ない。金子光晴『イリュミナシオン』を至高と思い込むにわかランボオファン、ちょい読みのつもりで手にした積もりが、本気読みに陥るハメとなった。金子訳は本人そのものとも思える呼応を感じたが、小林訳は類い稀なる役者という風情を帯びている。 絶唱という言葉もランボオの詩の前にはむなしい。三年の創作期の後、詩も文学も生涯捨て去ったランボオ……"実行家"のその先、を次は読みたい。 本書に所収されている「ランボオ」、これがまたすごく良い。訳詩ももちろん良いのだけど、ぜひとも読んで頂きたい。

2019/02/21

Haruka Fukuhara

面白かった。小林秀雄訳で小林のランボオⅠⅡⅢも収録してあるのは小林ファンとしては有難い一冊。表記がかなり原文に忠実に見えるのも味わい深くていい気がする。

2017/03/20

NICK

詩をどう読めばいいのかさっぱりわからないが、とりあえず読んだ。なんというか、普通の生活に埋没することへの反逆という印象を受けた。読んで特別、心を動かされたということはないのだけど、小林秀雄は13歳でランボーを読んで大変な感銘を受けたというのだから恐れ入る。

2010/11/06

iomz

バイブルです

タク

80Pにわたる小林秀雄による解説と、ランボオとの関係性を収めた貴重な一冊。正直めちゃくちゃおもしろい

2015/04/02

感想・レビューをもっと見る