読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エラリー・クイーンの新冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

エラリー・クイーンの新冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

エラリー・クイーンの新冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

作家
エラリー・クイーン
中村有希
出版社
東京創元社
発売日
2020-07-22
ISBN
9784488104443
amazonで購入する

エラリー・クイーンの新冒険【新訳版】 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

事件自体も真相解明のロジックも、解説にあるように、『エラリー・クイーンの冒険』より見劣りするのはたしか。しかし、読み口のあたりの良さというか、とっつきやすさはこちらの方が上ではないだろうか。著者クイーンの文章の癖なのだろうか、もってまわった語りのせいで、物語冒頭で人物の相関関係がわかりづらかったり、状況が頭に入ってこないことがたびたびあったが、前作よりは改善されている。シャーロック・ホームズの作品群も、後半は探偵が出張る必要のないような、些細な事件がたくさんあるが、同じような経緯を辿っている。

2021/04/13

Kircheis

★★★☆☆ エラリー・クイーンの短編第2弾。 まず名作と言われる中編『神の灯』で幕を開ける。これは確かに意外かつ論理的な解決でさすがクイーンといった感じ。後に横溝正史がジュブナイルでこのトリックを転用している。読後感も爽やかだ。 他には前作の流れを引き継いだ「冒険物」が4作、『ハートの4』でエラリーと付き合うことになったポーラ嬢とスポーツにまつわる事件を扱う連作が4作収録されている。どれも中々のクオリティ。 ポーラは本気でエラリーに尽くしているのにエラリーが若干遊びぽいのが気になった(笑)

2021/01/17

セウテス

【エラリー・クイーン短編集】〔再読〕綾辻氏の「黒猫館の殺人」の感想にも書いた、「神の灯」を含む短編集。屋敷が丸ごと一夜にして消失してしまう大掛かりなトリックと、その裏に隠されたもう一つのトリック。多くの作品の種になったであろう本作は、オマージュ作品を思い出しニンマリとしてしまう。4作の「冒険もの」と「スポーツもの」はトリックもさることながら、味のある登場人物が楽しめるシリーズだろう。如何せんエラリーは個性豊かな女性たちに、案の定振り回されてしまうというのも、本作ならでは。短編だからこその、軽快さが良い。

2020/09/16

penguin-blue

前短編集「エラリー・クィーンの冒険」と比べると「神の灯」以外は質が云々、とか言われているようですが、十分に面白く、堪能しました。特にスポーツ4連作の人間味溢れるエラリーが何とも楽しく、特に「人間が犬を噛む」でようやく手に入れたWシリーズ、贔屓チームの大一番にまで事件に出くわすエラリー…名探偵に必要な事件巻き込まれ体質が裏切らない(爆)試合を愉しむためにマッハで解決するところまで被害者と犯人以外には本当に楽しい一編。スポーツ観戦が好きな人だったらかなりエラリーの好感度が上がること疑いなしかも。

2021/01/18

本木英朗

「エラリーの名推理のつるべ打ち」と有栖川有栖が評言したのもわかるよねえ。というわけで新冒険である。俺は旧版で5,6回読んでいたが、今回は新版でということだ。人里離れた荒野に建つ巨大な屋敷が、一夜にして忽然と消失するという不可解な謎と名探偵エラリーによる解明を鮮烈に描き、クイーンの中短編でも随一の傑作と評価される名品「神の灯」ほか8編を収録。新訳でもやはりエラリーは凄かった!と一言である。さらに中村先生も、だけれどね。これはまたいつか読もうと思う。

2020/12/01

感想・レビューをもっと見る