読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

禁忌 (創元推理文庫)

禁忌 (創元推理文庫)

禁忌 (創元推理文庫)

作家
フェルディナント・フォン・シーラッハ
酒寄進一
出版社
東京創元社
発売日
2019-01-12
ISBN
9784488186050
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

誘拐・殺人容疑で起訴された写真家
捜査官に強要され自供した彼は無実なのか?
本屋大賞翻訳小説部門受賞作家の世紀の問題作


ドイツ名家の御曹司ゼバスティアンは、文字のひとつひとつに色を感じる共感覚の持ち主だった。ベルリンにアトリエを構え写真家として大成功をおさめるが、ある日、若い女性の誘拐・殺人容疑で緊急逮捕されてしまう。取り調べの際、捜査官に強要されて殺害を自供したゼバスティアンを弁護するため、ベテラン刑事弁護士ビーグラーが法廷に立つことになった。緊迫感に満ち満ちた裁判の行方と、あらゆる者の想像を絶する驚愕の真相とは。『犯罪』で2012年本屋大賞翻訳小説部門第一位に輝いた著者が「罪とは何か」を真摯に問いかけた恐るべき問題作。

禁忌 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てんつく

面白かったけど、何だコレ感もスゴい。

2019/02/17

Masa

読了。既読と同様に薄いけれど、相変わらず読ませる。ただ正直、今回はよくわからなかったなぁ、と。物語として純粋に面白かったのですが、既読作品と比べてなんかこう、ぐっと来るものを感じられなかった。まだまだ読書の経験値不足か。

2019/01/21

あちこ

殺人事件で起訴された有名写真家ゼバスティアンを弁護する事になった敏腕弁護士ビーグラー。ゼバスティアンの過去と、現在と、法廷劇が描かれる。 この作品、評価が分かれているようで、「よくわからない」のものなるほど、「素晴らしい!」のもなるほどって感じ。わたしは「よくわからないところもあるけど面白かったな」という、曖昧な感想w 他の方の感想にもありますが、共感覚という設定も話の筋そのものには関わってこないので、ちょっと浮いている気もするし。 ただやっぱり、「罪とは何か」という語り口に夢中になったのも確か!

2019/02/22

miaou_u

この作品の感想を書くのは難しい。何かがわからないようで、その実、納得できるからだ。何人も、理解するのは難しい。こと、犯罪やゴシップにおいては尚更だ。個人のアイデンティティやプライバシーが、どんな色をして、どんな音をたてて、どんなふうに混じりあって白日のもとに晒されるのか。それを見た人もまた自身のアイデンティティの眼差しで物事を見計るのだから。そんな問いを、シーラッハ自らが投げかけた作品であろう。個々のプロファイルが整然と人物像を浮き上がらせるシーラッハの作品は、いつもぜひ、映像化していただきたい、と思う。

2019/01/31

妹尾

解説まで進んだら感動してる人とわかんねえやってなってる人とに分かれるってあってホッとしている。わたしはわからなかったほうである……。わからなかったというか、エッシュブルクが文字に色を感じる共感覚の持ち主、ということがあらすじに収められるほど大事な要素だったというのに本編中の不可解な場面にそれがどう関係していたかとかそういうのがわからないままだった。日本の読者に向けたあとがきが面白かった。(わかりやすかった)

2019/03/05

感想・レビューをもっと見る