読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪しき狼 (創元推理文庫)

悪しき狼 (創元推理文庫)

悪しき狼 (創元推理文庫)

作家
ネレ・ノイハウス
酒寄進一
出版社
東京創元社
発売日
2018-10-31
ISBN
9784488276102
amazonで購入する Kindle版を購入する

悪しき狼 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

安定の面白さだった。物語は川で少女の死体が発見されるところから始まる。長期にわたって虐待された痕があり、死因は溺死だと判明する。しかし真水ではなく塩素水で溺れていたことが判明する。オリヴァーとピアは捜査を開始するが、これといった手掛かりが得られない。話が進むうちに新たな殺人未遂事件が発生し、迷宮の世界に入り込んでいく。被害者が少女なので読んでいて心が痛むが、オリヴァーとピアの魅力がストーリーを支えている。オリヴァーも前作の情緒不安定から立ち直ったようで、次作にも希望が持てる。

2018/12/21

中原れい

やっとオリヴァーが立ち直ってきた!ピアの変化に呼応してうまく職場がまわるようになれば…という今作。色々な人物のさまざまな描写があって錯綜していたのがしだいにまとまってきてその中心には、という警察小説の醍醐味を味わいましたが、事件そのものは一番今日的でイヤン度最高。フランクもただのやなやつじゃなかったし、新たな事件であぶりだされる過去は今後も登場するかもとワクワク。大粛清を逃げおおせた彼はどうするのかしら、という不気味なおまけつきながら、縁のできた少女と過ごせるようになったピアに乾杯。

2018/11/17

Hannah_Swensen

ドイツ、ホーフハイム刑事警察署主席警部のオリヴァーとピアが事件解決に挑むシリーズの第6弾。マイン川で発見された、長期虐待の形跡がある14~16歳の少女の溺死死体。身元が判明しないまま、時を同じくして人気キャスターのハンナ・ヘルツマンの殺人未遂事件、そしてハンナの心理療法士レオニーが殺害される。登場人物が多く覚えるまでちょっと大変でしたが、バラバラのピースがだんだんはまっていく感じで面白かったです。オリヴァー復活?そしてピアが冴えてましたね。児童虐待ものは読んでて辛い部分もありますが、次作も楽しみ!

2018/12/31

星落秋風五丈原

だんだんいやらしいですね。読者だけに情報をちら見せしておいて、きゃーあぶない、逃げて逃げて!と思わせる手法がうまくなってきました。

2018/12/02

ほちょこ

前作までのダメダメグダグダなオリヴァーがなんと復活。おぉ!と思うまもなく、あのフランクがまたもや再登場。今度はフランクがあんな風に自堕落になってしまった原因が明らかに!…というのが本筋ではなく、幼児虐待(またこの手の事件か!ヨーロッパは!)の大事件。またもややめられないシリーズ。

2018/11/09

感想・レビューをもっと見る