読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本探偵小説全集〈9〉横溝正史集 (創元推理文庫)

日本探偵小説全集〈9〉横溝正史集 (創元推理文庫)

日本探偵小説全集〈9〉横溝正史集 (創元推理文庫)

作家
横溝正史
出版社
東京創元社
発売日
1986-01-26
ISBN
9784488400095
amazonで購入する

日本探偵小説全集〈9〉横溝正史集 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いっくん

『鬼火』漆山万造と従兄弟の代助、モデル女のお銀を交え、愛憎劇の始まり。底無しの諏訪の湖、ゴムの面!三人の毒気に当てられて『探偵小説』はサラッと『本陣殺人事件』で金田一耕助初登場!戦時中、本格ものを書けない時代の鬱憤を晴らすべく書かれたミステリー。『百日紅の下にて』とるに足らぬ男です。廃墟の中の急坂を・・いそぎあしに下っていった。瀬戸内海の一孤島、獄門島へ急ぐために。無茶苦茶カッコいい!『獄門島』言わずもがなの大傑作!『車井戸はなぜ軋る』獄門島のかえりがけの事件。大横溝を堪能できる一冊でした(^_^*)

2016/06/02

Ribes triste

改めて読んでみると、土着的なおどろおどろしいイメージよりも、実は緻密に練られたミステリーと感じました。読み終えてもっと続きが読みたくなります。この分量を一気に読ませてくれるのは、編者の妙ですね。このシリーズ、読みごたえもさることながら、持ち歩けるのもありがたいのです。

2016/05/08

いっくん

『鬼火』漆山万造と従兄弟の代助、モデル女のお銀を交え、愛憎劇の始まり。底無しの諏訪の湖、ゴムの面!三人の毒気に当てられて『探偵小説』はサラッと『本陣殺人事件』で金田一耕助初登場!戦時中、本格ものを書けない時代の鬱憤を晴らすべく書かれたミステリー。『百日紅の下にて』とるに足らぬ男です。廃墟の中の急坂を・・いそぎあしに下っていった。瀬戸内海の一孤島、獄門島へ急ぐために。無茶苦茶カッコいい!『獄門島』言わずもがなの大傑作!『車井戸はなぜ軋る』獄門島のかえりがけの事件。大横溝を堪能できる一冊でした(^_^*)

2008/05/29

静香

『本陣殺人事件』『百日紅の下にて』『獄門島』『車井戸はなぜ軋む』と他二編が入った贅沢な一冊。うん、本当贅沢だった。特に良かったのは『獄門島』。金田一はやっぱり面白い!

2012/01/20

司郎丸

表紙が怖い

2018/07/16

感想・レビューをもっと見る