読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)

作家
泡坂妻夫
出版社
東京創元社
発売日
1997-06-21
ISBN
9784488402150
amazonで購入する

亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよキチ

泡坂作品6冊目。亜愛一郎シリーズの第2作目。全8編収録◆前作の『~狼狽』より泡坂氏独特の“味”が増してるように思った。相変わらず秀逸なプロット・特異なロジック・伏線の妙…余すことろなく堪能させて頂きました。それにしても、安定感が半端ない!読了後に幸福感を得ることができた1冊。

2013/02/08

papako

ちゃんとこちらも再読。この巻が一番さくさく読めました。しかし犯人も動機もトリックも本当にいろいろ。結構とんでもない事件ばかり。初読の感想と同じだったけど、『病人に刃物』も追加します。泡妻作品、そんなに読めてないけど、この亜愛一郎シリーズがマイベストは変わらず。『曾我佳城』もいいけど、ラストがあんまり好みじゃなかったもんな。うん、楽しい再読でした。

2020/08/26

papako

続けてシリーズ二巻。今作もテンポよく、亜愛一郎の推理が冴える。そして容姿端麗なドジっ子亜愛一郎さんは、脳内でスーパーマンに変身する前のクラーク・ケントなんです。『争う四巨頭』『三郎町路上』が好みでした。現代の作家がこの作風を真似ると古臭く感じるのに、この方の文章は古臭く感じない。その要因は何だろう。。。

2017/07/08

セウテス

亜愛一郎三部作の第二弾。どれも素晴らしい出来栄えです。三角形の顔をした老婦人が全ての作品で登場しており、彼女を探す洒落た遊びも楽しいです。「砂蛾家の消失」は、合掌造りの大きな家が一夜にして消失する謎の話ですが、某有名探偵漫画で使われたトリックです。年数から言っても此方が本家、オリジナルです。「意外な遺骸」はタイトル通りの、手鞠歌の見立てや死因の謎だけではなく、遊び心いっぱいです。他の作品も謎の提示の意外さ、人物描写の上手さ、話運びの巧みさと、さりげない伏線の置き方に思わず唸る、これぞ本物のミステリーです。

2015/03/04

Wan-Nyans

★★★★シリーズ第二弾。”騙される喜び”を堪能できる8編の短編集。雲やゾウリムシの撮影を専門にする、どこか抜けたイケメンカメラマン・亜愛一郎の推理は今回もさりげなくも鋭い。いつもオドオド気の弱い彼が最後に控えめに解明してしまう展開が堪らなく好きだ。また、回文や駄洒落など泡坂氏らしい要素も散りばめられて楽しめる。泡坂作品は安定して面白い。長編の「11枚のトランプ」「乱れからくり」も読みたくなった。

2020/06/21

感想・レビューをもっと見る