読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奇術探偵 曾我佳城全集 上 (創元推理文庫)

奇術探偵 曾我佳城全集 上 (創元推理文庫)

奇術探偵 曾我佳城全集 上 (創元推理文庫)

作家
泡坂妻夫
出版社
東京創元社
発売日
2020-01-22
ISBN
9784488402242
amazonで購入する

奇術探偵 曾我佳城全集 上 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅてふぁん

若くして引退した美貌の奇術師、曾我佳城が事件に遭遇し、事件を解決する11の短編集。そのほとんどが奇術絡みの事件で色んなパターンがあって、まるでマジックの舞台を見ているようで楽しかった。佳城さんは周りの人たち(奇術師や愛好家)にもてはやされるので存在感はあるのにキャラが薄くてあまり印象に残らない。主人公で探偵役ならもっと目立ってもいいのに…賢くて淑やかな人だ。

2020/09/17

nemuro

『どくとるマンボウ航海記』に続く“しりとり読書”の61冊目。3週間余りゆっくりと堪能。『小説現代』(1980年5月号~1984年12月号)に掲載の11編を収録。帯に「『このミステリーがすごい!2001年版』(宝島社)国内篇 第1位」とあるが、本書は「2020年1月24日 初版」。どうやら2000年、講談社からの単行本のことであるらしい。美貌の奇術師・曾我佳城は種明かしをするかのごとく鮮やかに謎を解く。まるで奇術界でも著名だった著者を思わせる。「あとがき」も「解説」も下巻に記載。では下巻読了後に読もうかと。

2021/11/27

ALATA

ずっと探していてやっと手に入れた2001このミス第1位。美貌の奇術師、華麗な推理で事件を紐解く名探偵、曾我佳城の連作短編集。小林少年を彷彿させるキャラクター匡一が初登場する「消える銃弾」、カードにまつわる蘊蓄がさく裂する「天井のトランプ」、某音楽学校を舞台に設定したような「白いハンカチーフ」が好み。「穴が動く」「天使の左手」など小さい頃のドキドキする感じが思い出された。★4※「佳城様は技芸天だ。天女に年齢があると思うか」串目少年が憧れて弟子入りする姿が初々しい。・・次巻へ。

2021/10/09

タカギ

伝説の奇術師・曾我佳城が探偵役の上巻。短編が11編収録されている。5話目あたりまでは、様々な奇術が出てくるのは勿論、話の形式の多彩さにも驚く。7話目の「消えた銃弾」で繰り返し出てくる登場人物は出揃った感じ。8話目の「カップと玉」は暗号ものだけど、その暗号、難しすぎ~。11話目の「剣の華」は犯人に同情した。この物語の一番の魅力は曾我佳城その人で、美人だし、有名人なのに気さくだし上品だし、パーフェクト。彼女の顔貌を指して何度か使われる〈中高〉というのは、鼻筋の通った顔立ちのことですって。

2021/01/10

Small World

泡坂妻夫さんを初読みです。いくつかシリーズがあるらしいのですが、美貌の元マジシャンが探偵役となる本書をチョイスです。22編の短編が上下巻に納められていて、現在、上巻を読み上げたところなんですが、いろんなタイプの話があって面白いです。多少、2時間ミステリーみたいな匂いはするものの、主人公の魅力に惑わされてしまうのです。

2020/06/07

感想・レビューをもっと見る