読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミステリは万華鏡 (創元推理文庫)

ミステリは万華鏡 (創元推理文庫)

ミステリは万華鏡 (創元推理文庫)

作家
北村薫
出版社
東京創元社
発売日
2021-09-13
ISBN
9784488413095
amazonで購入する

ミステリは万華鏡 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

本と日常の謎への偏愛ぶりをたっぷりと感じさせる読書エッセイを楽しめた。本作では著者の原点と言える少年時代に出会った数々の作品について語られている。中でも夢野久作、小栗虫太郎、久生十蘭あたりを興味深く読めた。いずれも未読だったが、短めの「瓶詰地獄」を慌てて読んで再び本作へ。作品をどう解釈してどう感じるかは千差万別。だが最初にあることは理屈よりも感じることなのだなと改めて思った。春風亭昇太さんの話も人生の滑稽さへの共感から立ち上がる。情だけでなく知恵のある解釈の楽しさも合点。あと大野隆司さんのネコ版画が良い。

2021/09/21

マッちゃま

博覧強記。そう言うと御謙遜されるんだろうが本書を読み始めて直ぐに自身の読書量や幅の少なさ狭さ努力の無さを思い知らされる北村氏がミステリを語るエッセイ。1つの物語も見方読み方捉えどころを転がしていくと、いろんなモノが浮かび上がってくる。深く掘り下げたり横に広がったり思いもよらぬ方向へ運んでくれたりもする。その全てには付いてはいけない…んだけど、読むしかないし読ませてくれる。それが面白かったりもする。僅かなネタバレも嫌う方は本書は読んじゃダメ。でも紹介されてる本全てを読んで此方も読むと面白くて堪らないだろな。

2021/09/20

Inzaghico

執筆当時が20世紀!とかなり昔なのだが、取り上げている本がほとんどクラシックな推理小説なので、まったく古びていない。江戸川乱歩、久生十蘭、夢野久作……。北村の叔母の話も心に残る。作家で、北村は子どもの頃、叔母の日記に書かれていた未発表作品を読んでいた。しばらくして、その叔母の日記の行方を訊いたら、母が燃やしてしまった、という。焼却せよ、と叔母が命じたという。武田百合子も娘の花に、自分の死後は一切を燃やすこと、と命じた。読者からすればもったいないと思うことしきりだが、創作者の気持ちはわかる。

2021/09/23

感想・レビューをもっと見る