読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄昏の館 (創元推理文庫)

黄昏の館 (創元推理文庫)

黄昏の館 (創元推理文庫)

作家
笠井潔
出版社
東京創元社
発売日
2020-03-19
ISBN
9784488415105
amazonで購入する

黄昏の館 (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

marty@もぶおん学

『昏い天使』という小説で一躍脚光を浴びた青年作家は、自ら予告した続編『黄昏の館』が書けず、苦悩の日々を送っていた。2作目の鍵となるのは、彼が幼少期に訪れたとある館での失われた記憶なのだが、編集者の助けも借りて再訪を果たす。そこで待ち受けていた意外な結末は……という筋書き。いわゆる館ものの本格ミステリとは違うのだが、ホラーや伝奇的要素も溶け込み、ラストは文学的な出だしからは予想もつかない展開で楽しく読めた。創元推理文庫版は2020年だが初出は1989年ということで、やはり世紀末的な匂いを感じる作品。

2020/05/16

つっきー

ゴシックロマン小説かと思いきや、古代の巨石文明を解き明かす妖奇譚だった。 前半から中盤にかけてはゆっくり丁寧に説明がなされていたが、最後の急展開にはちょっとついていけなかった。

2021/01/26

Emew

直近で読んだ笠井作品が小難しかったので身構えて読み始めたのですが…こちらは衒学的要素は少なめで(ゼロではない)読みやすかった。曰くありの寂れた館、禁忌の地、呪われた一族等、そそる設定満載。

2021/03/31

Jimmy

実は意外と面白かったです。笠井潔の奇譚となればお得意のペダンチック押しで理解不能になるか、幻想押しでこれまた読み進められなくなるか、かと思いきや、非常に読み進みやすく、さらにはあまり場面展開しない割にテンポも悪くないし、400ページなのに割とコンパクトな印象が残る。しかもオチは奇譚ですが、途中までは本格ミステリといっても良いぐらいのきちんとした仕掛けがありますので、そういう意味でもちゃんと面白い小説でした。

2020/07/29

KD6-3.7

30年近く前に読んだハードカバー版の記憶をもとに書きます。著者の趣味嗜好をこれでもかと詰め込んだ怪作だった記憶がある。最後は完全にオカルト。著者の知識量をもってすれば、もっと上手に書けていれば、ダン・ブラウン風になっていた可能性も? 矢吹駆シリーズみたいな知性的ミステリーを期待したので、アレレという感じ。

2020/05/10

感想・レビューをもっと見る