読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

密室から黒猫を取り出す方法 (名探偵音野順の事件簿) (創元推理文庫)

密室から黒猫を取り出す方法 (名探偵音野順の事件簿) (創元推理文庫)

密室から黒猫を取り出す方法 (名探偵音野順の事件簿) (創元推理文庫)

作家
北山猛邦
出版社
東京創元社
発売日
2021-01-28
ISBN
9784488419127
amazonで購入する Kindle版を購入する

密室から黒猫を取り出す方法 (名探偵音野順の事件簿) (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coco夏ko10角

第2弾。まず解説の一行目と同様「ようやく!」ですよ。1巻読んだ後に「2巻そろそろ文庫化かな?出たら買おう~」からまさかこんなたつとは。音野順は変わらず、いやビクビク度上がってる?その探偵を活躍させようと白瀬白夜の強引度も上がってる。前巻での発明家殺しの関係者・笹川蘭が依頼主の『音楽は凶器じゃない』最後…これどうにかならんのか。『停電から夜明けまで』ラスト数ページ好き。『クローズド・キャンドル』トリックが著者らしくて好き。琴宮探偵はどっちかっていうとダンガンロンパ霧切の方に登場しそうなキャラだ。

2021/02/14

おうつき

シリーズ2作目にして、10年以上の時を経て文庫化された今作。5つの短編はどれも北山作品らしい物理トリックが仕掛けられている。テレビが人を飲み込んでいたという証言が興味を惹く「人喰いテレビ」や、2人の名探偵の対決を描いた「クローズド・キャンセル」など、どの作品も良質だったが、個人的なベストは表題作の「密室から黒猫を取り出す方法」。密室に入り込んだ黒猫が犯罪計画を破綻させていく様がコミカルに描かれ、タイトルにある「黒猫を取り出す方法」が意表をついてきた。

2021/04/06

hnzwd

引きこもり探偵シリーズ第二弾。引きこもりなのに現場を見て推理ってのが矛盾していて。。名探偵っぽくなくて素敵。トリックがロジックに偏ったやり過ぎ感が溢れてるのは好みが分かれる所かも。

2021/02/14

あゆ

シリーズ第2弾。現場に行くのにイヤイヤと駄々をこねる名探偵音野順と彼をモデルに小説を書く白瀬白夜。そんな2人が今作でも楽しく事件を解決しています。ライバル探偵も現れたりして個性も強いですが謎もとても面白く停電からの話はまさかの解決でした。続編も楽しみです!

2021/02/16

ほたる

読み終わってみれば五本ともトリックが面白いとじわりと気づかされる。音野順の前に出てこない性格が、そのままこの一冊に表れているのかもしれないと思った。「クローズド・キャンドル」のトリックが結構好きだった。どうしてそのような形が出来上がっていたのか、が面白い。表題作は倒叙で、ラスト一点の詰め方が良い。「人喰いテレビ」はタイトルから興味を惹かれ、その真相も上手かった。「音楽は凶器じゃない」はこの一冊の中ではシンプルながらも、割とお気に入りの短編。「停電から夜明けまで」は仕掛け方が面白かった。三冊目が楽しみだ。

2021/01/28

感想・レビューをもっと見る