読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

亡霊ふたり (創元推理文庫 M よ 5-1)

亡霊ふたり (創元推理文庫 M よ 5-1)

亡霊ふたり (創元推理文庫 M よ 5-1)

作家
詠坂雄二
出版社
東京創元社
発売日
2021-10-12
ISBN
9784488440213
amazonで購入する Kindle版を購入する

亡霊ふたり (創元推理文庫 M よ 5-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカギ

ずっと読みたかった本がやっと文庫になった。やっぱり詠坂氏の感性は独特だ。稀代の殺人者・佐藤誠に憧れる男子高校生・高橋が、在学中に殺そうと目をつけたのは、名探偵・月島凪に憧れるローコだった。2人に共感できるところは全然ない。事件を見つけに奔走するローコはちょっと面倒くさくて迷惑な人物ですらあると思う。でも終章にくると、2人に変化が見られ、ボーイミーツガール小説である、ということにも頷ける。他の詠坂作品とのクロスオーバーは見つかるとうれしい。

2021/10/17

ツバサ

探偵になりたい少女と殺人をしたい少年の青春。少年が少女を目標にしていたが、結局はやらないと思ってはいたが、最後の最後までひょっとしたら本気で殺すんじゃないかという予感が拭えないので、緊迫感がありました。落とし所が想像出来ない展開でした。読み終えて、納得の最後でした。

2021/10/12

感想・レビューをもっと見る