読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

王とサーカス (創元推理文庫)

王とサーカス (創元推理文庫)

王とサーカス (創元推理文庫)

作家
米澤穂信
出版社
東京創元社
発売日
2018-08-30
ISBN
9784488451103
amazonで購入する Kindle版を購入する

王とサーカス (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カメ吉

文庫化を望んでた作品でした。 さすが面白かった。ネパールの首都カトマンズを舞台に実際に起こった王族殺害事件を太刀洗万智が追いかける。国家レベルの大事件を追う彼女が出会う人たちが凄く興味深く引き込まれる。異国感もこの作品の魅力かも。その国の持つ問題にも切り込んだ『さよなら妖精』にも相通ずるテーマが感じられました。 米澤穂信作品、特にシリーズ物は本当に惹かれる作品が多い。壮大で大人なミステリーでした。

2018/09/13

nayu

面白かった。    面白かったけれども。    それでも。     それでも私は、情報の取捨選択は受け手がするべきであり、発信側がすることで受け手に十分な情報が伝わらないのを良しとすることはできない。なんか言い訳を滔々と述べてたけど、そんなのは発信側の都合でしかないし、傲慢な態度が透けて見える。言いたいことはもっとあるけれども、感想とは異なるのでやめておこう。        世界の大多数を占める小市民は、みな、サガルである。

2018/10/21

rico

太刀洗万智の原点。フリーになって最初の仕事で訪れたネパールで、国王一家殺害事件発生。彼女もジャーナリストとして取材を進めていくのだが・・・。物語の鍵となる人物は問いかける。真実を知ることに何の意味があるのかと。自分にふりかかることのない惨劇は刺激的な娯楽だと。息詰まるようなシーン。ここにこの物語の全てが凝縮されている気がする。ネット上で様々な事象がすごい勢いで消費される現在であれば、その意味はなおさら重い。 久々に、ページをめくるのももどかしいという感覚を味いつつ、一気読み。面白い!

2019/04/19

agtk

太刀洗万智が遭遇した事件。ネパール国王殺害の不穏さの中で起こった事件。太刀洗万智が報道について考え、悩む姿が物語の主軸となる。450ページを越える長編だが、冒頭からぐいぐい引き込まれ、一気に読んだ。題名の「サーカス」の意味を報道の送り手も受け手もよく考えなければならない。続編を待ちつつ、「さよなら妖精」を読み返したい。

2018/11/26

小説を最初に書いた人にありがとう

初めて読む米澤穂信の長編。短編は何冊か読み、好みであった。話題になっていたこの本、読み始めて1/3、ストーリーと登場人物に感情が入らず読み進める自信とモチベーションが揺らぐ。読書メーターに弱音を吐いてみたところ、最後絶対に面白かったと思える!との強い進言を受け読了。背中を押してくれたことに感謝。衝撃を持って読み終えた。ネパール王室の殺人?事件の謎を主人公のフリーライター太刀洗万智が取材を通して解き明かしていく。グローバリズム、ジャーナリズム、社会の格差、等々考えさせられる数少ないミステリー作品だと思う。

2018/09/24

感想・レビューをもっと見る