読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦場のコックたち (創元推理文庫)

戦場のコックたち (創元推理文庫)

戦場のコックたち (創元推理文庫)

作家
深緑野分
出版社
東京創元社
発売日
2019-08-09
ISBN
9784488453121
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦場のコックたち (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

兵士が命を削り戦う戦場で、食事という唯一の癒しで支えるコック達のストーリーと期待した。想像とは大分違ったが素晴らしい作品でした!ヒトラー率いるナチスドイツの侵略戦争に巻き込まれ、敵味方、一般市民から子供まで凄惨な最期を余儀なくされる悲劇の日常を描きつつ、ふと生じる謎や事件の推理が入り込む。圧倒される文字量に読み始めを躊躇するが読み進むスピードは予想外。命と友情、テーマは重厚なのにミステリーのようにライトな読み口。途中少しの冗長さはあるが全編が助走となりエピソードで美しく昇華する展開に驚く!良かった‼️🙇

2020/01/13

のり

第二次大戦で亡くなった人は6千万人を超えるらしい。アメリカ目線からというのは初めて読んだ。連合国を敵に回しながら、一歩も引かなかったドイツの技術力の高さと戦闘力 には改めて驚愕。本編は一線で戦いながらコックの仕事をこなす者達。戦場では仲間意識から家族へと変わる。常に死と隣り合わせの日々。生き残った者の葛藤。終戦を経ても人生は長く続き心労は尽きなかっただろう。国内では中々報道されないが、まだまだ世界では紛争が絶えない。人間は争う生き物なのか…愚かしい事だ。

2020/06/10

kanegon69@凍結中

この若さで第二次大戦の物語をここまで書けるとは正直驚きです。ノルマンディー上陸作戦(Dデー)の様子、フランス・オランダ・ベルギーでの戦線の様子が非常に細やかに書かれており、まるでノンフィクションを読んでいるかのような迫力がありました!しかしこの本は戦場のコックの視点というあまり気にしていなかった見え方ができて面白かったですね。それからミステリーの要素、謎解きもなかなか深い話でよかった。後半はもう一気読みで止まらないぐらい夢中で読みました。戦友同士の熱い絆に激しく心を奪われ、余韻がすごく残るいい作品でした。

2019/11/24

おかむー

本屋大賞候補にもなった注目作が待望の文庫化で早速読了。二次大戦のノルマンディ上陸作戦のなかで繰り広げられる日常系ミステリとして始まる物語は、中盤あたりからやるせない戦争の現実へと軸がシフトしてゆくが、それが肩透かしとはならずむしろがっつりと掴まれる読み応えが見事。『たいへんよくできました』。荒んでゆく主人公・キッドが、ひとりの男の命を救うことで“我に返ってゆく”展開には救われるが、その直後に挟まれるユダヤ人収容所のエピソードと、終戦を迎えたキッドが故郷で家族に迎えられながらも抱く違和感と罪悪感が重く響く。

2019/08/14

goro@80.7

ノルマンディー上陸作戦から従軍したコックが遭遇する戦場ならではの話が続くのかと思った。章が進むにつれて戦争の悲惨さ理不尽さが段々と浮き上がってゆく。ホームズとワトソンのコンビが事件を解決してゆくようなものと考えましたが「戦争」を題材にとった事の作者の思惑が見えてくる。会話が甘すぎるかなとは感じたけど、これからが楽しみな作家だと思います。

2019/10/11

感想・レビューをもっと見る