読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

晴れ時々、食品サンプル (ほしがり探偵ユリオ) (創元推理文庫)

晴れ時々、食品サンプル (ほしがり探偵ユリオ) (創元推理文庫)

晴れ時々、食品サンプル (ほしがり探偵ユリオ) (創元推理文庫)

作家
青柳碧人
出版社
東京創元社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784488476120
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

マニアックなコレクターの名探偵が挑む、お宝に絡む事件の謎
謎解きもお宝にまつわる雑学も楽しい、ポップな連作ミステリ


ショッピングサイト《ほしがり堂》を経営する深町ユリオは、古い家電や顔ハメ看板など、ガラクタにしか見えないモノをほしがるマニアックなコレクター。しかしそれらに価値を見出して、お宝として売り捌く彼は、事件を解決する名探偵でもあった! カウボーイグッズを身につけた男が落馬めいた死を遂げた事件、判じ絵ネタをする芸人宅で発見された、被害者の傍にあった道具に隠されたメッセージ、食品サンプルコレクターの告別式で食品サンプルがばらまかれた謎など、全5編を収録。

晴れ時々、食品サンプル (ほしがり探偵ユリオ) (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ

ほしがり探偵ユリオその2。いろんな雑学が楽しく、神の手が一番良かった。自分は捨てたがりではないのでどっちかというとほしがり?

2018/07/31

takaC

この一文が正しい日本語なのかどうかしばらく考えてしまった。→ユリオは思い出したようにほしがってはじめたけれど、当然聞いてくれるはずもなく、三人は追い出されてしまった。(p152)

2018/10/11

佐島楓@勉強中

食品サンプルの言葉につられて読んだが、直接関係する短編は一本だけだった……。軽く読めてよかったです。

2018/07/17

ami*15

ユリオの“ほしがり”から始まる謎と作中に出てくる古今東西のお宝に関する小ネタを続編でも存分に味わえました。判じ絵については個人的にはもっと楽しんでみたいと思ったし、私もユリオほどではないが物を色々と溜め込んでしまう性格なので、ミニマリストの考えは自分からは程遠いものだと思いました。今回のあとがきでは「神の手、再び」の回の裏話が書かれていて、考古学からアーケードゲームまでひとつの話に盛り込まれたネタはユリオにとっての「欲しい物」であり、青柳さんにとっての「興味」でもあったことが感じられた内容でした。

2018/12/15

したっぱ店員

読み終わってからシリーズ第二弾だったと知る(汗)が、まったく問題なく楽しめた。探偵役・ワトソン役の配置など、設定はとてもオーソドックスで、ものに対する蘊蓄をまぶしてなるほど感もあり、連作短編として良作だと思う。早速第一弾買ってこよう。食品サンプルのブローチ、私も欲しいなー。

2018/12/23

感想・レビューをもっと見る