読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ビリヤード・ハナブサへようこそ (創元推理文庫)

ビリヤード・ハナブサへようこそ (創元推理文庫)

ビリヤード・ハナブサへようこそ (創元推理文庫)

作家
内山純
出版社
東京創元社
発売日
2018-02-28
ISBN
9784488480110
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

現代の『黒後家蜘蛛の会』登場
第24回鮎川哲也賞受賞作


変わった名前をもつ大学院生、中央(あたり・あきら)。彼はちょっとレトロな撞球場「ビリヤード・ハナブサ」でアルバイトをしている。ビリヤードの腕前は一流、経営手腕は三流の英雄一郎(はなぶさ・ゆういちろう)先生がオーナーの店には、個性的な常連客たちが集う。おしゃべり好きな彼らは、仲間内の誰かが事件に巻き込まれると、プレーそっちのけで推理談議を始め、みな素人探偵となって謎を解こうとするのだ。けれど結局事件の真相を言い当てるのは、アルバイトの中央の役割で?! そして今日もまた不思議な事件が持ち込まれ――。
解説=福井健太

ビリヤード・ハナブサへようこそ (創元推理文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yuki

レトロなビリヤード場が舞台の連作短編集。語り手でもあるアルバイトの中央(あたり・あきら)くんがオーナーの英先生やお喋りな常連客と会話をしながら店に飛び込んできた謎を解く。第一話「バンキング」の謎が小ネタでどうなることかと思ったが、第三話「テケテケ」が良作。ミステリとしては目新しくないが、ビリヤード場という舞台をうまく絡めたのと会話で読ませるタイプか。温和な主人公が「ナカちゃん」「チュウちゃん」「チューオー」と正しく呼ばれないあたり、動物のお医者さん的な雰囲気。著者はどうもそういう世代の女性のようで、納得。

2018/04/02

きょん

現代日本の「黒後家蜘蛛の会」のキャッチコピーにぴったりな品良く纏まりの良い連作短編集。キャラ立ちした常連客達の推理合戦とビリヤードの技から閃く央君の推理も楽しかった。

2018/03/10

トリプルアクセル

第24回鮎川哲也賞受賞作。ビリヤードと謎解きを絡めた作品だが、乖離することなく上手く融合しており、ビリヤードの知識が事件の解決に繋がる点が見事。地味だけどすごく丁寧に書かれている本格ミステリ。

2018/08/29

ココノビエガク

解説にもあるように、謎は小粒でミステリ愛好家には正直物足りないと感じることもあるが、安定感抜群の話運びと文章で最後まで引っ張られる作品だった。ビリヤードと謎解きを上手に掛け合わせてあり、一度でもキューを握ったことのある人なら読み始めから嵌るかも。長くビリヤードなんてしていないけど、久々に撞きたい気持ちになる。

2018/08/05

悪者みきこ

ぼちぼちかな。昔ビリヤードの話すごく読んでたからスリークッション懐かしかった!

2018/03/15

感想・レビューをもっと見る