読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)

作家
ケン・リュウ
桜坂洋
アンディ・ウィアー
アーネスト・クライン
ヒュー・ハウイー
コリイ・ドクトロウ
チャールズ・ユウ
ダニエル・H・ウィルソン
チャーリー・ジェーン・アンダース
ホリー・ブラック
ショーニン・マグワイア
デヴィッド・バー・カートリー
ミッキー・ニールソン
ジョン・ジョゼフ・アダムズ
緒賀 岳志
米光一成
中原尚哉
古沢嘉通
出版社
東京創元社
発売日
2018-03-12
ISBN
9784488772017
amazonで購入する Kindle版を購入する

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

ゲーマーもオタクも仮想世界への可能性を認める人も静かな興奮に襲われる短編集。序文を担当しているのが、映画『レディ・プレイヤー1』の原作者なのでそれだけでテンションがダダ上がり。「救助よろ」は男女の現実への対処法と価値の置き方が見事に描かれつつある中でラストの嫌さが跡を引く。一方で「1アップ」は世間から眉を顰められ、馬鹿にされがちな一定世界でのネット上での繋がりが現実にリンクしていきます。真実を知る過程がゲームの選択肢的などが面白い。そして『スタンバイ・ミー』的な青春モノになっているので私は好きです。

2018/04/24

Panzer Leader

自分がプレイすることは無くなって久しいがゲームを主題にしたSFアンソロジー。既知の作家はアンディー・ウィアーやケン・リュウ位しかいないが中々粒の揃った作品ばかりで、SF好きの人でもゲーム好きの人でも楽しめると思う。自分のお気に入りは「猫の王権」「キャラクター選択」「アンダのゲーム」

2020/10/09

ゆかーん

ゲーム好きな人には絶対楽しめる傑作集!アンディ・ウィア氏や、ケン・リュウ氏などを期待していたのですが、意外と自分の型にはまらなかったのが残念…。ですが、新たな作家さんの、魅力あるSFゲーム体験が実現できたので大満足です!RPG、戦隊モノ、チャット形式、何でもあるので、好みの作品が分かれそうです(笑)今回、1番のお気に入りは「キャラクター選択」。子育て中の妻が、夫の戦闘ゲームの秘密を解き明かしてしまうという話。最後の最後にに待ち受ける予想外の展開が面白かったです。ゲームと人との様々な繋がりって凄いです!

2018/06/29

十二月の雀

ゲームの短編アンソロジーはたくさんあるかもしれないけど、ゲームを短編アンソロジーにしたものはとても珍しい。12作の短編(内一つはショートショート)はどれもレベルが高い。ケン・リュウの「時計仕掛けの兵隊」を最後に収録するセンスがいい。「救助よろ」等の現実と仮想空間の不安定さを楽しむSFも多い。そのうち、日本からも出るはず。「ゲーム」のアンソロジー。

2018/10/27

山田太郎

ゲームの王国の次はこれでなんだかゲームつながり。思ったよりオタク全開というわけでなく偏見かそれはと思いつつ読む。なんでか日本人も入ってる。短いからしょうがないけど、なんかもうちょっと長い方がいいような話もちらほらと。SFはこの手のいろいろ入ってるやつが楽しくていいなと思いました。

2018/06/22

感想・レビューをもっと見る