読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

作家
池上彰
佐藤優
出版社
東洋経済新報社
発売日
2016-12-16
ISBN
9784492045916
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 
【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?

■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的――「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!


【主な内容】
はじめに 池上彰
序章 僕らが毎日やっている「読み方」を公開
第1章 僕らの新聞の読み方――どの新聞を、どう読むか。全国紙から地方紙まで
【コラム1】海外紙・夕刊紙・スポーツ紙の読み方
第2章 僕らの雑誌の読み方――週刊誌、月刊誌からビジネス誌、専門誌まで
【コラム2】海外雑誌の読み方
第3章 僕らのネットの使い方――上級者のメディアをどう使いこなすか
【コラム3】テレビ・映画・ドラマの見方、使い方
第4章 僕らの書籍の読み方――速読、多読から難解な本、入門書の読み方まで
【コラム4】ミステリー・SF小説の読み方
第5章 僕らの教科書・学習参考書の使い方――基礎知識をいっきに強化する
【コラム5】海外の教科書と「スタディサプリ」の使い方

【特別付録1】「人から情報を得る」7つの極意
【特別付録2】本書に登場する「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」「映画・ドラマ」リスト
【特別付録3】池上×佐藤式 70+7の極意を一挙公開!
おわりに 佐藤 優

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

今論壇でよく出てきているジャーナリスト、知の巨人の2者が情報の収集の対談でよく分かりやすかった。新聞は参考になったが、ネット関係はそこまで違いはないかな?しかし二人での共著は何冊かあるのでこれだけ話があるのはすごいな。

2017/01/11

ナイスネイチャ

図書館本。為になり面白かった。まぁ二人のレベルは高すぎますが。忙しいなんてこの人たちには微塵も感じてないんだろうな。ネット断ち、飲酒断ちができるかな?確かに2つともしなければかなり時間ができるのはわかるのですが・・。

2017/06/21

ミッチ

おふたりから読書の仕方を伝授してもらい、益々読書欲が高まりました。 池上さんのいう「論理的な思考力を身につけるためには、難解な本と格闘する経験が必要不可欠」は、高齢な私には耳が痛い。佐藤さんのいう「読書にはネット断ちと酒断ちが重要」「極論を言えば、酒を飲むのは人生の無駄」は、分かっちゃいるけど…… いずれにしても、読書を愛する者は一読の価値ある本。

2018/07/29

物書き・チャンダーラ

両者の既刊本をほぼ読んできているので真新しい情報は少なかったがSNSに対する考え等は参考になった。佐藤優氏と直接話した時も感じたが、情報収集の仕方が彼と私はそっくり。私がそれを培ったのは新聞記者時代だった。私は新聞一紙に2分。ネットでニュースを総なめするのに5分。あとは書籍で理解を深める。専門領域なら2時間で1000㌻ほど渉猟可。それから池上彰氏の学習への執念にもシンパシーを感じた。私は歩きながら読書がデフォルト。環境を選ぶ基準は常に「本が読めるか否か」。移動時は3冊携帯が基本。

2017/01/19

あすなろ

知は武器てあり、楽しみでもあるとして互いに様々な媒体の読み方を述べ合う本。今、最先端にいるこのお二人が、どう時間を作り、どう知識を得ているかは大変勉強になる。参考になることが多かった。新聞・雑誌・ネット・書籍と展開する。それらから、インプットを多くし、アウトプットも多く。取り急ぎ、やろうと思ってたdマガジンは読了後、登録した。活用したい本。

2017/01/29

感想・レビューをもっと見る