読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ)

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ)

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ)

作家
花田 徹也
青野 仲達
スティーブ ソレイシィ
大前研一
ビジネスブレークスルー大学
ビジネスブレークスルー大学院大学=
ビジネスブレークスルー大学院大=
ビジネスブレークスルー大=
出版社
東洋経済新報社
発売日
2016-11-18
ISBN
9784492045992
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

TOEIC900点でも「英語で仕事ができない人」がいる。
一方、600点でも「英語で成果をあげる人」がいる。

両者の違いはどこにあるのか?

本書では、日本人が陥りがちなワナを紹介し、
本当に「仕事で使う」ための39の方法を解説。

英語に「ムダな労力」をかけるのは、今日でおしまいにしよう。

「大前研一×スティーブ・ソレイシィ:実践英語ロールプレイ」を特別収録!

【内容例】
できない人は「難しい単語」にこだわる
成果をあげる人は「易しい表現」を使いこなす

できない人は「英→日」で勉強する
成果をあげる人は「日→英」で練習する

できない人は「世界共通の言語=英語」だと思う
成果をあげる人は「世界共通の言語=ロジック」だと悟る

できない人は「英→日」で勉強する
成果をあげる人は「日→英」で練習する

できない人は「語彙」と「流暢さ」に縛られる
成果をあげる人は「考える力」を磨く

できない人は「ネイティブ英語」にこだわる
成果をあげる人は「ローカル英語」に合わせる

できない人は声が内にこもる
成果をあげる人は声が外に出る

できない人は「正確な長文」を意識して固まる
成果をあげる人は「言い切れる文」を連続して話す

【主な内容】
刊行に寄せて
はじめに

第1章 英語は常に実践を意識する【フレーズ/センテンス/リスニング】
1 できない人は点数のためにTOEIC対策を講じる
  成果をあげる人は実践のためにTOEICを活用する
2 できない人は失敗を恐れる
  成果をあげる人はとりあえず使ってみる
3 できない人は単語の丸暗記で終わる
  成果をあげる人はフレーズにして応用する
4 できない人は「難しい単語」にこだわる
  成果をあげる人は「易しい表現」を使いこなす
5 できない人は「英→日」で勉強する
  成果をあげる人は「日→英」で練習する
など

第2章 書けない英語は話せない【ライティング】
1 できない人は「語彙」と「流暢さ」に縛られる
  成果をあげる人は「考える力」を磨く
2 できない人は「世界共通の言語=英語」だと思う
  成果をあげる人は「世界共通の言語=ロジック」だと悟る
3 できない人は「行間を読んでもらう」ことを期待する
  成果をあげる人は「行間を読ませない」ことを心がける
4 できない人は「話す」ことに熱中する
  成果をあげる人は「書く」ことに集中する
5 できない人は「読む・聞く・話す」を個別に追いかける
  成果をあげる人は「書く」ことで一石四鳥を狙う
6 できない人は「決まり文句」を覚える
  成果をあげる人は「話すネタ」を仕込む
など

第3章 英語を話す秘訣と基準【スピーキング】
1 できない人は過去を見つめて悲観する
  成果をあげる人は未来を見すえて楽観する
2 できない人は「学校英語」に回帰する
  成果をあげる人「実践英語」に挑戦する
3 できない人は慎重に単語や文法を選ぶ
  成果をあげる人は柔軟に複数の文を操る
4 できない人は「ネイティブ英語」にこだわる
  成果をあげる人は「ローカル英語」に合わせる
5 できない人は声が内にこもる
  成果をあげる人は声が外に出る
6 できない人は「正確な長文」を意識して固まる
  成果をあげる人は「言い切れる文」を連続して話す
など

最終章 大前研一×スティーブ・ソレイシィ 実践英語ロールプレイ

おわりに

プロフェッショナル イングリッシュ (BBT大学シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ななつ

ライティング、書く力に集中する。短い文章を連続して話す。Sentence Per Minute=15~20。最後まで傾聴せずに都度、確認する。

2018/12/25

mitsu44

業界で実績のある3名の語る英語習得法。 日本の英語教育の問題点を示しつつ、TOEICのペーパーテストの為ではなく、英語で意思を伝え人を動かす基礎を語っている。TOEICは英語習得には素晴らしい教材なので使い倒すことも大切。ここに出てきた勉強法もやってみます

2016/12/17

K Oky

BBT大学の3人の講師による実戦で使える英語。「知識偏重」「ネイティブ信仰」「失敗への恐れ」を脱して「ロジカル重視」「簡単な文を沢山」「書くことを重視」など使ええる英語に育て上げるためのテクニックを紹介。自分自身実際実践しているが本当に結果が出てきて英語を喋るのが面白くなる。

2017/01/25

ロッキーのパパ

評価は★★★(満点は★★★★★) ビジネス書としての側面も強く、英語学習だけではなく社会人の勉強一般に役立つ。本書の中で高校までの学校英語が完全に否定的に扱われている点が気になった。本書のような実践的な面を付加すれば、学校英語も役に立つと思うけど。

2016/11/28

Hiro

読む、聴くという受身型の英語学習からの脱却を説き、書く、話すという創出型英語学習を推奨している。それは英語を学び活用する目的が本来、自分の意向を他者に伝え、相手を動かすことにあるからだと言う。実にもっともだ。そのためには自分の考えをゼロから英文で作り出す会話力やライティング力が必要で、これは決して難しいことではないと具体的に説明する。易しい単語を使った短文を連続して繰り出すことがよくて、TOECや英検、大学入試のような難しい単語や言い回しを修得する必要はないと言う。そのための勉強法にも触れている。良書だ。

2016/11/23

感想・レビューをもっと見る