読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者のおすすめレビュー

「10年間続けた治療を途中でやめられますか?」治療方針を聞いて冷静な判断を下すために…

「10年間続けた治療を途中でやめられますか?」治療方針を聞いて冷静な判断を下すために…

『医療現場の行動経済学』(大竹文雄・平井 啓:編著/東洋経済新報社)  もし、あなたやあなたの家族が重篤な病気にかかったとしたら、あなたは適切な治療を選択できる自信はあるだろうか。医療の現場での治療方針の決定は、かつては医師が選択していたが、現在はインフォームド・コンセントが一般的だ。  インフォームド・コンセントは、医者が患者に医療情報を提供して、患者が治療の内容やリスクについて十分理解したうえで、医者と患者が治療の方針について合意して意思決定をして…

もっと見る