読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)

もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)

もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)

作家
松谷みよ子
瀬川 康男
出版社
童心社
発売日
1968-01-15
ISBN
9784494001033
amazonで購入する

ジャンル

もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

♪みどりpiyopiyo♪

いぬもねんね、ねこもねんね。めんどりもひよこも、お人形さんも、みんなねんね。おやすみなさい♡ ■先日読んだ『いいおかお』がとってもかわいかったので、同じシリーズのこの本も♪ ■赤ちゃんのファーストブックとしてロングセラーを続ける不朽の名作絵本だそうです。穏やかなお話と柔らかな絵。赤ちゃんに人気なのも分かります♪ ■眠たいのに寝たくない。眠たいのに眠れない。小さな子どもの頃に、いえいえ、大きくなってもそんなことありますよね。「おめめつぶって くう くう ねんね」。眠りに誘う優しい絵本でした♡ (1968年)

2017/01/11

扉のこちら側

2018年121冊め。再読。いぬ、ねこ、ひよこと一緒にねんねするように読む本。

2018/05/01

momogaga

【大人こそ絵本を】松谷さんの本が無性に読みたくなって、寝る前に手にしました。もうねんねですね・・・でももっと松谷さん本を読みたくなりました。(笑)

2016/06/06

Kawai Hideki

犬、ネコ、ニワトリ、ヒヨコなどが「ねむたいよう」とねんねする絵本。イラストのまわりにカスリのようなインクがのっていて、眠さ、気だるさをよく表している。子供の寝かしつけをねらっているのだが、どちらかというと、読んでる大人の方が眠くなる本。

2013/06/23

HIRO1970

子供と一緒に読みました。

2005/01/01

感想・レビューをもっと見る