読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争というもの (手塚治虫からの伝言)

戦争というもの (手塚治虫からの伝言)

戦争というもの (手塚治虫からの伝言)

作家
中野晴行
手塚治虫
出版社
童心社
発売日
2020-03-25
ISBN
9784494018529
amazonで購入する

戦争というもの (手塚治虫からの伝言) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スイ

どの作品も、胸がずっしり重くなるな…。 手塚治虫の反戦の強い思いに満ちている。 特に「1985への出発」は、戦後を生きる者の責任を痛感させる作品で、読後もずっと考えずにいられない。 解説も一層理解が深まるもので良かった。

2021/04/15

遠い日

「手塚治虫から伝言」シリーズ。6話のどの話にも、戦争を憎み、絶対にしてはいけないこととして、影響を受けた人間の苦しみを抉る。「てんてけマーチ」「カノン」の、悲壮な体験。リアルが痛々しい。

2020/08/04

感想・レビューをもっと見る