読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新版 科学者の目 (単行本図書)

新版 科学者の目 (単行本図書)

新版 科学者の目 (単行本図書)

作家
かこさとし
出版社
童心社
発売日
2019-07-16
ISBN
9784494020577
amazonで購入する

新版 科学者の目 (単行本図書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

6年生ブックトーク授業【テーマ 伝記】参考までに読んでみてね、と紹介したのですが、『だるまちゃんシリーズ』や『からすのパンやさん』を書いた人と言ったら、みんな驚いて興味をもってくれました。かこさんが科学者であることを知らないし、亡くなったのも知らなかったそうです。

2020/01/22

くみん

理系の絵本作家・大好きなかこさとしが、科学技術に貢献した41人の科学者について、分かりやすく簡潔に綴っているとても面白い本でした。ナウマンではじまりアインシュタインで終わる。小さい頃は(一般的に言う)変わった子で、視点や観点が飛びぬけて秀でていたり、やはり潜在能力のある人が多い気がします。その能力の芽を摘まない教育が大切なんですね。今は普通に使われている技術の源を知ることができて良かった。子どもは大きくなってしまったので、孫が生まれたら読んでほしいと思います。絵も素敵です。

2020/02/29

がんぞ

サラリーマン時代の’64に朝日新聞児童面に毎週連載。イラストも筆者。児童相手でも手抜きせず、二千字の最大限で功績を伝え人間的魅力に迫る。ハーシェルはドイツから兄妹で移住してきた音楽屋だったが、手製の反射望遠鏡で数々の発見、なかんずく新惑星天王星を発見、貴族に叙せられた…ほか英国がパックスブリテン=名誉ある孤立を揚言した19世紀以降で多く米国は20世紀後半/ガリレイやラボアジエやニュートンなど最重要が外れているが、20世紀代表のアインシュタインで締めくくり「1945核実験に成功」と非人道的虐殺にふれない見識

2019/12/17

メイロング

科学者列伝で一発目がナウマン! 語り口が「君たちは」! これだけでもううれしくなる。各扉の肖像画が、普段のかこさとししてる人物絵とはまったくちがう。画家の地の力を感じるかっこよさ。復刊だけどぜんぜん知らなかった。収録された41名の半分以上も知らなかった。これでまた読める本や分野が増えた。発見する目というタイトルがまたいい。岩波科学ライブラリーとかにあっていい本ですよ。

2019/09/13

ちびった

かこさんの個人的な思いが見える伝記。伝記としては、かなりの要約で正直伝わらない。目次的利用となるかと思う。子供も読んでいても引き込まれないと思う。

2019/09/11

感想・レビューをもっと見る