読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

めいたんていサムくんと なぞの地図 (だいすき絵童話)

めいたんていサムくんと なぞの地図 (だいすき絵童話)

めいたんていサムくんと なぞの地図 (だいすき絵童話)

作家
那須正幹
はたこうしろう
出版社
童心社
発売日
2021-10-04
ISBN
9784494020737
amazonで購入する

めいたんていサムくんと なぞの地図 (だいすき絵童話) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

サムくん③児童書。小学2年生の井上オサムは推理が得意で[めいたんていサムくん]と呼ばれている。サムくんは友達と一緒に[子どもたんていだん]を結成した。家事の焼け跡近くで拾った古い地図の謎にせまる。▽地図のイラストを見ながら読むのがわくわくする。見つけた地図をキッカケに、地域の昔の様子を調べたり、実際スコップを抱えて歩き回ったりするのもいい。とても良本。昔は『たんたのたんけん』で期待したモノだったけど、これを読みこなせれば低学年に読解力着くこと間違いなしか。

2022/03/05

ツキノ

2021年10月発行。楽しみに読んでいるめいたんていサムくんシリーズ。これが那須さんの遺作になるのでしょうか。最後の作者からのことばがなくて残念。終戦からだいぶ経つけれど、忘れないでほしいというメッセージのように思った。サムくんシリーズ、もっと読みたかったな…。(E264)

2021/10/30

ツキノ

(再読34)紹介文作成にあたり再読。めいたんていサムくんシリーズ、ぜひ子どもたちに読み継がれてほしい。(本の花束2022年7月)【112】

2022/05/29

kikiみみ

那須さん、最後のシリーズ。面白かった。拾った昔の地図の寶(たから)を探して現在と過去を検証していく。なかなか本格的に社会の学習にもなるなぁとも思う(イヤイヤ純粋にお話を楽しめよー)3巻を始めに読んだから、12に戻ろう

2021/11/19

Eri

娘小3図書館。 今回は宝の地図のお話。もっとずっと続きが読みたいのに読めなくてとても残念です。 地図帳で調べたり、図書館で昔の資料にあたったりと、子どもにも分かりやすく【調べる】ことを示してくれていて嬉しい。 見つかった宝物も、時代を越えてきた大切な物で、とても良かったです。

2022/02/02

感想・レビューをもっと見る