読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

M&Aの契約実務(第2版)

M&Aの契約実務(第2版)

M&Aの契約実務(第2版)

作家
大久保圭
大久保涼
宿利有紀子
笠原康弘
粟谷翔
藤原総一郎
出版社
中央経済社
発売日
2018-09-08
ISBN
9784502274718
amazonで購入する Kindle版を購入する

M&Aの契約実務(第2版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Sobbbit

表明保証について学んだ。英米法からの影響で日本の商慣習としても定着した概念であり、まだまだ日本法で効力を規定するのかの解釈は明確ではないため、表明保証の文面に期待する効果を明確に記載する必要がある。素直な法的解釈「一定の結果が生じた場合には、契約内容に従って担保の履行請求権が発生する旨の合意」らしい。また、何かあった時に契約者が悪意があったのかなかったのかについては基本的に関係ないとするのが一般解釈だが、悪意があったら無効(?)とする判例があり、早急な法整備を期待したい(まぁ当分無理だろうな…

2020/05/21

まさお

★★★ 素人にも分かりやすい。構成も良い

2019/12/04

感想・レビューをもっと見る