読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

島田荘司全集VIII

島田荘司全集VIII

島田荘司全集VIII

作家
島田荘司
出版社
南雲堂
発売日
2021-01-16
ISBN
9784523264286
amazonで購入する

島田荘司全集VIII / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

なんと、4年3か月ぶりの刊行となる『島田荘司全集』。第8巻には、吉敷竹史シリーズの長編が3作と、海外を舞台とした短編集『見えない女』が収録されている。『幽体離脱殺人事件』は、タイトルからは想像できないが、女性であるがゆえの生き辛さが主題としてその根底に流れている。『見えない女』も、舞台が海外でそこに意識が行きがちになるものの、描かれているのは女性という存在だ。『羽衣伝説の記憶』は、吉敷の別れた妻・通子の過去がたっぷりと描かれている。(つづく)

2021/01/25

感想・レビューをもっと見る