読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

作家
山田学
出版社
日刊工業新聞社
発売日
2005-08
ISBN
9784526055065
amazonで購入する

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

朧月

仕事で必要なので読破 設計に必要な項目を個別に解説。 寸法公差、幾何公差の説明が分かりやすいし、 実際の部品例での寸法記入の考え方を一から説明した章は 大変、参考になります。 設計に関する、考え方から表現方法までを一括して基礎から学べる良本だと思います

2013/04/07

ミッキー

必要なことが纏まっていて、自分でもやってみようと意欲が高まるのではないか。参照しつつ製図出来そうに思います。勉強になりました。

2015/06/17

マネクエ(年間読書365冊)

★★★★ コレみて資格取った! Amazonレビュー通り、わかりやすかった。

2007/09/15

いちご味

教えてもらったことの復習に使ってます♪

2014/07/15

とうふ

寸法、表面性状を記入するときの設計者がどういう手順で記入していくのかを手取り足取り著者と一緒にやっている感じ。いい本だと思う。

2012/12/18

感想・レビューをもっと見る