読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

労働経済学入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)

労働経済学入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)

労働経済学入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)

作家
大竹文雄
出版社
日本経済新聞社
発売日
1998-04-01
ISBN
9784532107628
amazonで購入する

労働経済学入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ああああ

労働経済学についての基礎が分かりやすく書いてある。といってもまったくの素人である私には、それでも難しいんですけどね。人によっては本書であげられる説・定義に納得いかない部分もあるだろうけど、あくまで「労働」についての「考え方」なので、人事・労務に関わる方の補助線として、とてもやくにたつとおもいました まる

2014/06/26

にゃん吉

終身雇用、賃金格差など、労働にまつわる種々のトピックを通じて労働経済学のエッセンスが示されるような構成。色々な仮説が示され、なかなか面白いのですが、ミクロ経済学の知識が足りないのも痛感するところでした。  

2019/08/03

Nさん

労働需要と供給の決定から、日本的経営(三種の神器)終身雇用制度・年功賃金制度・労働組合の役割や、賃金格差・失業などを理論と実証の両面から解説している。長期雇用を例にとっても、「それが日本の慣行だし、若い間は薄給でも、買ってでも苦労して、会社に報いてきたんじゃ?」なんて、アバウトな回答をしてしまいそうだけど、本書では、自社独自の技術が他社では使えなくなるから転職しなくなる、若手は自分に合った本職をまだ見つけていない、など様々な仮説が紹介されていて、いちいち面倒臭い(笑)一意ではない、様々な考え方を知れた。

2017/04/07

さっちゃん

オイコノミアで有名な大竹文雄の本。 本書は労働経済学について書かれており、大学での講義を元にして作成されたそうだ。 大学生はもちろん、もう社会人の方でも楽しめる本となっており、労働について、経済学的に考えたいと思った方にぴったりの本だと個人的には思った。

2013/10/10

実証データを使って所得と労働の関係や失業問題を取り上げていた本であった。基本的な事項も載っており、非常に有益な情報を得れた。

2013/04/16

感想・レビューをもっと見る