読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方

作家
ダニエル・ゴールマン
リチャード ボヤツィス
アニー マッキー
土屋京子
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2002-06-25
ISBN
9784532149758
amazonで購入する

EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nakamura masaru

EQという言葉がここまで広まったのは、 ゴールマンさんに負うところが大きいみたいです。 そのような評価に負けず、 この本は特にリーダーシップを発揮するのに、EQのコンセプトを使って、自身の把握と部下の心を把握しようとし、ビジネスの成功に供しようと豊富な事例が盛り込まれています。

2019/09/04

mattu

私が相手に与える影響を理解する。そして、リーダーとして、どうありたいか?を問う。そして、行動を整えていく。再読が必要です。

2016/03/30

あぽ

ファシリテーター型リーダーになるためのエッセンスを知りたくて読んだ。リーダー能力は開発できる。理想の自分と現実の自分を比較し、ギャップを埋める習慣を反復練習によって脳にすりこませる。なるほどね。共鳴現象をまきおこすような上司になりたいものだ。

2013/02/15

KAKAPO

人格を測る基準「思いやり」は、人の感情や思考を理解して初めて持てる。情動のコントロールと思いやりが、心の知性の根本で、道徳的人間が基本的に備えている特性である。優れたリーダーは、人の感情に働きかけ、心を動かし、情熱に火をつけ、最高の力を引き出す。集団の感情を熱意の方向に導くことができれば、業績の急上昇も夢ではない。リーダーには、メンバーとの感情の繋がり、共感を求められる。リーダーが感情を良い方向に導けば、集団の良い資質を引き出せる。組織の盛衰は、かなりの部分、リーターの感情レベルへの対処に影響される。

2010/03/22

naruo_homewood

「人は感情の生き物である」ということを考えると、組織でリーダーシップを発揮するにはEQが大切だと思いますが、それを具体的に示している本書はリーダーにとってのバイブルの一つと言えます。日頃、組織で仕事をする上で強く感じるのは、人と人の関係をいかに良くするかということですが、そこでは小難しい理論が通用しないところに難しさを感じます。しかし、何も考えずに漫然と過ごしていても良くすることはできないので、どんなところに意識すれば良いかを教えてくれる本書は、何度も読み返しては自分を振り返るのが良い使い方だと思います。

2013/01/04

感想・レビューをもっと見る