読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もっと遠くへ (私の履歴書)

もっと遠くへ (私の履歴書)

もっと遠くへ (私の履歴書)

作家
王貞治
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2015-06-25
ISBN
9784532169688
amazonで購入する Kindle版を購入する

もっと遠くへ (私の履歴書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

reading

王さんの人間性がわかるまさに履歴書だった。父の教えを守った堅実、誠実な人柄がうかがえた。世界的な名プレイヤーは努力の人でもあった。桑田のドラフトに関する部分は、さらりと書かれていたが、王さんの本当の気持ちはどうだったのだろう。往年の選手の名前が登場し、懐かしく感じた。王さんほど日本のプロ野球界に貢献した人はいないであろう。

2019/02/21

Prince of Scotch

やはり「荒川道場」のエピソードが非常に印象深かった。荒川博氏との「二人三脚」を控えめであっさりした筆致で記しているが、そこには凄まじい努力と苦闘とがあったことが窺い知れた。ジャイアンツの監督を辞してダイエーホークス(当時)の監督に就任したのは意外に映った。というのも「生涯巨人一筋」を貫くものと思っていたから。ホークス監督から球団会長となりチームを「常勝軍団」に育てた上げたのには、王さんの手腕のみでなく野球への計り知れない情熱も負うているのだろう。

2021/02/05

エリナ松岡

ホークスの選手達は、長距離打者の柳田に限らずどことなく王さんん分身に思える時があって、読んでみようかなという気になりました。自身の数々の大記録への自負は認めつつも謙虚で朴訥とした感じが良かったです。それから打撃だけでなく、勝ちにこだわるというのも、今のホークスに受け継がれているように思います。

2020/11/30

あいくん

☆☆☆王貞治さんの自伝です。私の子どものころは王選手は巨人の主力打者でした。大人になってからは、ホークスが福岡に来て、王監督が率いることになりました。王監督は68歳まで監督を務めていました。王監督は巨人から遠いチーム、福岡のダイエーホークスを選びました。ホークスの監督として、54歳から68歳の時期を過ごします。それまでのホークスは負け慣れしていました。それを王監督は変えていきました。パリーグは北海道の日本ハム、仙台の楽天、福岡のホークスと地方に根差しています。移動は大変ですが、ファンは楽しみが多いです。

2019/09/07

luther0801

▼王さんの真面目さ、ひたむきさが滲み出ている一冊。真摯に野球、そして、ホームランに取組む姿勢が伝わる。▼荒川コーチとの運命的な河原での出会いで、右打ちから左打ちに変え、公立校入試に落ち、荒川さんのいる早実に入学。そして、荒川コーチのいる巨人へ。それからも二人三脚で打撃に取り組み、類い稀なる大打者へと成長。師のありがたさを感じる。▼よく言われることではあるが、王さんは天才ではなく努力の人。自分に与えられた才能を努力で開花させてきたことに本来の価値が有るのだと思う。▼父親からの教え「感謝」も徹底されている。

2015/10/12

感想・レビューをもっと見る