読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

刑事たちの夏

刑事たちの夏

刑事たちの夏

作家
久間十義
出版社
日本経済新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784532170554
amazonで購入する

刑事たちの夏 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サム・ミイラ

溜飲が下がる場面もあったが後味はあまりよろしくない。思った以上に壮絶で悲しい読後感。こんな終わり方しかなかったのかと憤りも覚えるがもしかするとこれが主人公の選んだ幸せの形だったのかとも思える。当時の大蔵省解体に纏わる読み応えのある作品ではあった。

2014/05/22

とし

日本人が初めてバブルを経験し、誰もが金に狂って、そのバブルがはじけた20年ほど昔の時代。政官業の癒着と権力の私物化がもっとも甚だしかった時代。大蔵省解体にまつわる権力闘争と、財務官僚と警察官僚の腐敗の実態をリアルに描いていたからこそ、産経新聞・夕刊連載だったこの作品はすごく人気だったんだと思う。重い内容で読後感も良くないけれど、読み応えはたっぷりだった。

2017/10/14

たたみ

会話の』「~ヨ」、「~ネ」が気になってしまう・・・。

2011/01/07

mitsuru1

大蔵省審議官の突然の墜落死。事件は警察内部、政界トップをも巻き込む一大スキャンダルへ 帯より l日系連載だったらしく質量共にかなり読み応えのある作品です。最近出た続編はずいぶん軽いんですが、こちらのほうがお勧めですね。

2010/10/17

おひー

ハードボイルドな刑事モノである一方、大人の男女の恋愛モノの側面も有り。主人公の松浦警部補にシビれました♡

感想・レビューをもっと見る