読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デタラメ データ社会の嘘を見抜く

デタラメ データ社会の嘘を見抜く

デタラメ データ社会の嘘を見抜く

作家
カール・T・バーグストローム
ジェヴィン・D・ウエスト
小川敏子
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2021-07-20
ISBN
9784532177089
amazonで購入する Kindle版を購入する

デタラメ データ社会の嘘を見抜く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チャー

データ社会に氾濫するデタラメに警鐘を鳴らした本。フェイクニュースやメディアの記事等ではよく聞くが、統計の見方やグラフの表示のさせ方等、世の中に蔓延するいい加減な情報や意図的な表現を多数引き合いに出し紹介している。普段接しない桁数の膨大な数字で主張されたとき一瞬無意識的に受け入れてしまうことも多いが、冷静にフェルミ推定の手法を使い自分で試算することで、内容があり得ない数字かそうでないかに気付くことができるという主張は大いに納得。偽陽性や偽陰性、数えられなかった数値や報告されなかった数値を想像することが重要。

2021/11/27

turtle

読み応え抜群でした。 ある意図を持って作られたグラフや図の例がふんだんに盛り込まれ、その意図を見破るには、正しい比較が行われているか、話がうますぎないか、数字の桁は合っているか、などに注意する必要があると教えてくれます。 難しい印象のあるフェルミ推定についても簡単な計算方法が示されており、もう少し勉強してみようかな、という気にさせてくれます。 それにしても、ディープフェイクなどの技術がどんどん進化していくと、いつ我々もロシア国民のように国に騙されてしまうか、わからないです。

2022/05/07

竜玄葉潤

ここで出てくるデタラメは、テレビや雑誌で分かりやすくみせるテクニックとして使ってるものも多い。悪意なく使っている人も多い気も、それだけに厄介かも。

2021/08/30

あきひと

ネットニュースやツイッターなどの記事にどれほどデタラメなことがあるのか、というところに興味があったて気軽に読み始めたが、本書はデータを基にした主張の落ち度や欠点を説明したアカデミックな内容であり、既知の部分は読み飛ばしてしまいました。

2021/12/06

リットン

データと言っても、解釈は一意にはならないし、悪意はなくとも扱う人間の主義やバイアス、文脈によって、意味は変わってくる。なにが正しいかを判断するのは、複雑な事象ほど難しいし、賢さの問題でもない。だからこそ誰もが謙虚に、客観的に、物事をみることがリテラシーとして必要であり、本書の最後にあるように、意見の相違に対峙したときも、繰り返し自分を疑いつつ、相手に寛容に、対等な立場で会話することが大事だなと感じた。どんな場合でもデタラメを生じさせる最大の敵は自分自身という言葉は、誰しもが意識しないといけないことだなあ。

2021/10/24

感想・レビューをもっと見る