読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫)

最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫)

最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫)

作家
ロジャー ローウェンスタイン
Roger Lowenstein
東江一紀
瑞穂 のりこ
出版社
日本経済新聞社
発売日
2005-11
ISBN
9784532193287
amazonで購入する

最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hideki Ando

原題は天才が失敗したとき。LTCMの破綻から学んだことは多いはずだけれども、結局忘れていく。結末にもあったが、景気が一巡すると忘れられると。

2010/11/06

ニールキャサディ

ライアーズポーカー後の、ソロモン以降のジョン・メリウェザーに興味があったので、楽しく読めた。ハーバードのファイナンスのマートン教授がここまでLTCMなコミットしていたこと、アービトラージの基本的な仕組みなど、色々勉強になった。市場の効率性をどこまで信じるかは、ホントに難しい。

2013/09/08

turner

面白いけど、長いね。

2015/07/17

読人

まずはよく調べてるのにビックリ。どこまでが本当でどこからがフィクションなのかは判然としないところもあるが、臨場感にあふれる書きっぷりはすごい。アービトラージの考え方そのものは共感できるが、レバレッジがないと利幅が薄すぎてビジネスとしてはなりたたない。LTCMの失敗の一番の原因は過重なレバレッジだったのと同時に、それまでの成功の要因でもあったのでしょう。

2015/06/12

葵堂

金儲けの天才たちが超レバレッジを効かせる戦略で前回から小銭を巻き上げようとして暫く成功した結果、市場に敗れて崩壊していくまでの物語。物語としても面白く、金融物としてはとても勉強になる。身の丈にあったサイズの投資を淡々としていくことが寛容なんだろうなあ、と思った。

2014/01/02

感想・レビューをもっと見る