読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

松下幸之助 夢を育てる 私の履歴書 (日経文芸文庫)

松下幸之助 夢を育てる 私の履歴書 (日経文芸文庫)

松下幸之助 夢を育てる 私の履歴書 (日経文芸文庫)

作家
松下幸之助
出版社
日本経済新聞出版社
発売日
2013-10-25
ISBN
9784532280178
amazonで購入する

松下幸之助 夢を育てる 私の履歴書 (日経文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tadashi_N

稼いでいるのではなく、稼がせてもらって、世界の松下になった。

2017/03/16

C-biscuit

図書館で借りる。日経新聞社の私の履歴書である。内容は子供の頃から相談役に引退する頃まで書かれており、現パナソニックの創業からの流れがよくわかる。経営者としてワールドクラスであり、経営哲学がしっかりと感じられる内容。今さら私がどうということはないのであるが、自身が書いている本であるので、客観的な評価はあとがき等にしかない。その中で読んでいても、その行動や考え方が、素晴らしく当時は抜きんでていたと思われる。高松塚古墳の話は知らなかったので、著者の活動ぶりをうかがうことができた。今もパナソニックは元気である。

2018/07/09

dai56

経営の神様の言葉、考えさせられます。

2014/05/02

ダージリン

松下幸之助が尊敬される理由が良く分かる。儲けるということよりも、一段高い理念をもって経営に臨んでいたことが窺える。実に考え方のスケールが大きい。如何に利益を上げるかということは経営学的に精緻化されたが、より重要なのは経営者が持つべき使命感のようなものであろう。やはり学ぶべきことが多い人物では無かろうか。

2016/03/09

クロマニヨン

☆☆

感想・レビューをもっと見る