読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「第四次産業革命」を生き抜く ダボス会議が予測する混乱とチャンス

「第四次産業革命」を生き抜く ダボス会議が予測する混乱とチャンス

「第四次産業革命」を生き抜く ダボス会議が予測する混乱とチャンス

作家
クラウス・シュワブ
小川敏子
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2019-02-21
ISBN
9784532322502
amazonで購入する Kindle版を購入する

「第四次産業革命」を生き抜く ダボス会議が予測する混乱とチャンス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

乱読家 護る会支持!

MR(複合現実)、AI、量子コンピュータの進化によってもたらされるとされる第四次産業革命。国際経済フォーラムの資料らしく、、、読みづらい。当たり障りの無い事しか書いてません。 なので僕も、、、技術の進歩は誰にも止めれず、コントロールは難しい。過去に人類が開発した大量破壊兵器のように、技術の進歩が人間の幸せを奪ってはならない。よって科学者には高い倫理観を持っていただきたいし、民主的な国家には、イニシアチブを取ってもらって、適度な政治介入が必要と考えます、、、と当たり障りの無い当たり前の感想を書いておきます。

2019/08/11

GASHOW

75年戦争が無く、日本が武力で侵略されない理由について、ある本にあった。日本は、工業国を経て、知識産業になっている。日本を武装侵略しても価値を得られないからだという。インターネット以降の世界は、産業革命だ。

2019/04/17

takao

AI、産業技術開発

2020/03/01

アルミの鉄鍋

★4 前作よりかは面白かった。ただ、全体はモヤッとしてるけど、3dプリンタと分散化社会における品質管理の変革についての部分は興味深かった。

2019/10/09

YUJIRO

第四次産業革命のコアとなる技術を概観し、その恩恵を公平に、人間中心に分配できるようすべてのステークホルダに議論への参加を促す。それぞれの分野の基礎知識が不足している現状では難解。

2019/03/26

感想・レビューをもっと見る