読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!

作家
アーサー レビット
Arthur Levitt
小川敏子
出版社
日本経済新聞社
発売日
2003-03-01
ISBN
9784532350314
amazonで購入する

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

葵堂

元米証券取引委員会委員長の著作。やや内容は古いが、1990-2000年あたりやそれ以前の、アメリカの金融界の腐敗と、それらの改革を書いた著書。投資手法的な話は極々一般的なことしか書かれていないが、投資適格企業の見分け方や、目に見えないコストなどなど、知っておくにこしたことはない情報が満載である。

2016/03/16

個人投資家に道は無い・・・

2014/07/23

感想・レビューをもっと見る