読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宇宙飛行士、「ホーキング博士の宇宙」を旅する

宇宙飛行士、「ホーキング博士の宇宙」を旅する

宇宙飛行士、「ホーキング博士の宇宙」を旅する

作家
若田 光一
小山宙哉
出版社
日本実業出版社
発売日
2020-08-29
ISBN
9784534057983
amazonで購入する

宇宙飛行士、「ホーキング博士の宇宙」を旅する / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

toshi

スティーブン・ホーキングと若田光一の対談集かと思って買ってみたら全く違っていた。ホーキング博士が自著の中や、様々な機会に語った言葉に対し若田氏が解説やコメントをするといった内容。どの言葉を選ぶのかを若田氏が決めたのかどうかは明らかにされていないけれど、教訓的・哲学的といった言葉が多い。ホーキング博士の著作はかなり読んでいるけれど、一つも覚えていたものはありませんでした(笑)。一番良かったのは「全てが運命で決まっていて、何も変えることはできないと主張する人でさえ、道路を渡るときには左右を確認する」。

2020/10/05

keisuke

図書館。

2020/09/26

みなと

身体が動かなくなる難病のALSにかかっても人生に絶望せずに生きたホーキング先生の言葉にに励まされた。病気や障害で動けなくなったときに、その後の自分を豊かにしてくれるのは、他人じゃなくて自分しかいないから、自分が納得するために行動したり、これからを考えていこうと思った。若田先生の「他人を納得させるために生きる人生ではなく、自分の居場所と自分なりの方法論を見出し、自分が納得できる人生を歩んでほしい」が刺さった。もっと自分の考えを大事にしていいんだよ、と励まされてるみたいだな。

2020/11/12

黒豆

技術解説書ではなく、若田光一さんがホーキング博士との若干の対談経験などに基づく、人生訓的な話。なぜこんな本を発行したのか疑問を感じた。そのなかで、気になったのは、UAEが結構宇宙開発に取り組んでいること、失敗を経験する方が効率的に技術開発が可能、10回連続成功より5回に1回失敗する方が効率的に技術が高められる。また、ホーキング博士が自宅で息を引き取る直前に遺した言葉「恐れるな」

2020/11/06

ひまわり

ホーキング博士は すごい方

2020/10/16

感想・レビューをもっと見る