読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファーウェイ 強さの秘密 任正非の経営哲学36の言葉

ファーウェイ 強さの秘密 任正非の経営哲学36の言葉

ファーウェイ 強さの秘密 任正非の経営哲学36の言葉

作家
鄧斌(ドンビン)
楠木建
光吉 さくら
出版社
日本実業出版社
発売日
2021-01-29
ISBN
9784534058331
amazonで購入する Kindle版を購入する

ファーウェイ 強さの秘密 任正非の経営哲学36の言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

林田力

経営者の任正非の哲学は「以客戸為中心、以奮闘者為本」(顧客第一主義、奮闘者が基礎)である。この建前は昭和の日本企業のモットーにもありそうである。ファーウェイの場合は制度的な内実を伴っている。 ファーウェイの本社は深センになるが、そこを本社と呼ぶことを禁止し、事務所と呼ぶ。本社の人間が偉い訳ではない。内部スタッフのマネジャーより、現場のマネジャーの役職を上にしている。社内政治に現を抜かす公務員的存在は不要である。

2021/05/04

☆ツイテル☆

フライヤー

2021/05/04

Go Extreme

マネジメントの常識を守る マネジメントが引き出す力:第一線が武器を要請 幹部に求められる4つの知か 少将兼中隊長 将軍はたたき上げであれば 10人の異才 ダンコの心臓 幸せを分かち合う文化 マネジメントの推進力:はたき 馬を引かない兵士 エントロピー タイタニック号 現在の事業戦略:価値こそが要 川底の土砂は深く掘り堤防は低くつくる 豆腐の味を磨く ブラックウィドウになるな ツルヒヨドリ戦略 肥しの上に花を生ける 未来への事業戦略:本流 天、地、道、窟 ピンポイント戦略 不器用な人 

2021/03/26

感想・レビューをもっと見る