読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

石頭コンピューター

石頭コンピューター

石頭コンピューター

作家
安野光雅
野崎昭弘
出版社
日本評論社
発売日
2004-10
ISBN
9784535783720
amazonで購入する

石頭コンピューター / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅわっち

コンピュータの基礎がわかる本です。コンピュータが引き算を足し算を利用してしていること。10進法からコンピュター用に2進法にすることがわかります。また、ローマ数字が10進法でないのに驚きました。

2019/08/11

プラス3

小学生向け。論理回路と2進数の解説、およびコンピュータに関するエッセイ。わかっていたけど、今の自分が読んでも全然物足りない。それでもコンピュータの入門書としては良くできていると思うし、タイトルに“石頭”とつけるセンスが素晴らしい。

2016/04/27

k_jizo

★★ししおどしで二進数を説明。パッと眺める程度。二進十進数が出てきてかなり難しい。10年前の本だから2000年前問題が巻末に懐かしい。

2014/05/04

多分、器用です

コンピューターの基礎である二進法の話。個人的には2000年問題で起こった誤作動ニュースの紹介が面白かった。

2012/12/16

まさなる

人にコンピューターを教える立場からの感想。コンピュータの初歩を学ぶ本として10年前はよかったんだろうけど、AIの登場した今となってはちょっと時代遅れの感がある。冒頭の2進数の説明のところなど面白いネタなのだけど、もうちょっとわかりやすい説明をしてくれれば良いのにな。

2017/04/20

感想・レビューをもっと見る