読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

御界/ON‐KAI〈上巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

御界/ON‐KAI〈上巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

御界/ON‐KAI〈上巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

作家
中田 雅喜
槇 えびし
出版社
日本文芸社
発売日
2008-02-21
ISBN
9784537141153
amazonで購入する

御界/ON‐KAI〈上巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きなこ

江戸時代と思われるネットゲーム(御界)と現実社会を行ったり来たり。自分とは違う人物になりたかったり、出来ないことをやったり、現実からの癒やしを求めて行くんじゃないの?あまりに御界がリアル過ぎて圭太ならずとも感情が交錯しそう。上巻は御界で好きだった仁竜とリアル世界で巡りあったすごくいい所で終わってる!下巻行ってきます。

2015/01/11

shiki

いとこに、これ面白いから読んでみなと渡された本。まさかのBLでした。江戸時代を基本としたネットゲームをプレイする主人公と、その世界の出来事。上下巻でしたがなかなかサクサク読めて面白かったです。ただ、なぜBLを勧めて来たのかは謎すぎてやや困惑しました。

2014/01/27

ゴリ夫

登録もれ

2017/01/22

みなみ

全面的にひとりよがりすぎるとおもう。

2012/08/09

めぐもぐ

ドラマCDから入って、続きが気になって小説も買ってしまった。 初め苦手意識があったけど、読んでいくと続きが気になって一気に読んでしまった。

2012/07/28

感想・レビューをもっと見る