読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

御界/ON‐KAI〈下巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

御界/ON‐KAI〈下巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

御界/ON‐KAI〈下巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ)

作家
中田 雅喜
槇 えびし
出版社
日本文芸社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784537141160
amazonで購入する

御界/ON‐KAI〈下巻〉 (KAREN文庫Mシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きなこ

予想を上回る展開に。西島が動けない仁竜のために御界を作ったのは彼なりの最大の愛情なのだろう…ちょっと間違ってるとこもあるあるけれど。そんな西島を許している仁竜がすごい。御界でもリアルでもその人である事は変わらないと思う圭太と、御界とではまったく違う人物だと言う左馬。さてリアルで会って2人はどう変わっていくのだろう?しかし2人に与えられた特殊能力ってなんだ〜!気になるわ。

2015/01/12

shiki

オン世界とオフ世界の組み合わせは、なかなか興味深かった。終盤に向けて一気に謎解き要素でガチガチになってしまっていたのは好みが分かれそう。個人的にはこういった作品は悪くないと思います

2014/01/27

みなみ

ゲーム世界のオチはおもしろかったけど、主人公が見出されるに足りるようななにか美点を備えているようにはまったく思えず、それゆえ「だからどうしたの」って感じだったなあ。

2012/08/09

めぐもぐ

思った結末ではなかったけど、面白かったな。 シリアスだから、2回読もうとは思わないけど。

2012/07/28

感想・レビューをもっと見る