読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

酒のほそ道 (49) (ニチブンコミックス)

酒のほそ道 (49) (ニチブンコミックス)

酒のほそ道 (49) (ニチブンコミックス)

作家
ラズウェル細木
出版社
日本文芸社
発売日
2021-06-17
ISBN
9784537143805
amazonで購入する Kindle版を購入する

酒のほそ道 (49) (ニチブンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

夫本。酒ほその世界では、コロナは描かないことにしたそうな。セロリ料理は全部美味しそうだなぁ(๑´ڡ`๑)セロリ味噌は作ってみたい。あまり時間の流れを感じないこの世界も、ゆるやかに流れていると感じさせる親友・竹股の結婚と京都移住。今後京都編も増えそう。

2021/07/10

Misae

宗達の居る世界にはコロナは存在しないので、相変わらず飲んだくれています。それにしても。かすみちゃんと両思いかと思っていたのに、松島さんにもまんざらではない雰囲気出してる宗達。まったく! 竹股とのお別れさみしがる宗達。 煮込みは大根入ってるのが好き。かに道楽行きたい。

2021/06/21

sugahata

『煮込み原理主義』を読んで筋肉を買ってきた。『イメージへの未練』では宗達の小ささに思わず苦笑。『鯵鰯対決』はおばさんの一言にぎゃふん、さすがだねえ。コロナ禍のない世界で酒と肴を楽しむ宗達がうらやましい。

2021/07/31

酒ほその世界にはコロナ禍はない。今までと変わらずのびのび酒と肴を楽しむ宗達。作者によるせめてものコロナへの対抗と理解した。50巻目、51巻目のころ振り返ってみれば、これはパラレルワールドではなく、コロナ禍期間を描かなかっただけなんだと、現実が漫画世界に追いついてほしい。そういう意味では飲兵衛にとってだけでなく全人類にとっての夢と希望の世界が描かれてる、とも言えるのでは。大袈裟すぎ?

2021/07/03

ぷほは

「コロナのない世界」を描くことは、次に「ニューノーマルの世界」をどう描くのかという問いが待っている。たぶんもう、どんちゃん騒ぎのパリピ文化や宴会などの慣行はしばらく復活できないだろう。作中でもそれに薄々気づいているのか、ひとり飲みの静寂を楽しむ主人公は、声の大きい団体客が入ってくると「潮時だな」と言って店を出る。「つかの間のいい時間だった……」。それがどんなに「つかの間」のままであれば良かったことか。あの騒がしい喧騒の中での乾杯、マスクの置き場所もないグラスとジョッキと杯に囲まれた、豊かなスコールの時は。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る